ウイルスに負けない体づくりを!免疫力を下げないために行いたい8つの習慣

Adobe Stock

ウイルスに負けない体づくりを!免疫力を下げないために行いたい8つの習慣

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2020-05-03

ウイルスやガンから身を守り、老化を防ぐ働きをしてくれる免疫力。いつまでも健康な体と心でいるためには、私たちの体に備わる免疫力を下げないことが大切です。ですが、現代の食事や習慣は逆に免疫力を下げてしまいがちに…。免疫力を高め健康を維持するために今から実践すべきこととは?

免疫力とは?その働き

体内にウイルスや病気が侵入した際、体に備わった免疫細胞がそれらを撃退してくれるため、私たちは重い症状にならずに済みます。免疫細胞は、いわば私たちの健康を守るために戦う戦士のような存在です。そして、感染症に一度かかったりなどの経験から体内に抗体をつくり、次同じウイルスに罹患しないようにする働きもしてくれます。免疫細胞は約7割が腸内でつくられ、約3割が自律神経でつくられています。

免疫力の高さで得られるメリット3つ

1.感染症にかかりにくい体に導く
2.健康的な体や心の状態を維持できる
3.体調不良や疲れなどによる不調から早く回復できる

免疫力の低さによる影響3つ

1.ウイルスや風邪にかかりやすい
2.ガンなど、深刻な病気になりやすい
3.アレルギー疾患になりやすい

免疫力を下げやすい8個の習慣

いくつ当てはまるかチェックしてみましょう。
生活が不規則
□体温が35度以下である
□毎日お酒をたくさん飲む
□いつもストレスを感じる
□いつも寝不足気味
□添加物や脂肪の多い食事になりがち

運動をほとんどしない
□食物繊維を摂らない

あなたはいくつ当てはまりましたか?もし5つ以上当てはまるのであれば免疫力は低く、何らかの疾患にもかかりやすい傾向に。当てはまる数が多いほど免疫力が低下しがちです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アルダマッツェーンドラーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する