首・肩コリは胸椎アプローチで改善|長友佑都トレーナーに聞くアスリート式不調解決法

Getty Images

首・肩コリは胸椎アプローチで改善|長友佑都トレーナーに聞くアスリート式不調解決法

STEP2:ソラシックローテーション

目的と効果

頭からお尻までのセンターラインがブレないようにコントロールして胸椎の可動域を広げる。

やり方

1.四つん這いになり肩の下に手、股関節の下に膝をセットする。頭からお尻を一直線にキープ。

アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
1.四つん這いになり肩の下に手、股関節の下に膝をセットする。頭からお尻を一直線にキープ。

2.左手を頭の後ろに添える。

アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
2.左手を頭の後ろに添える。

3.体を内側にねじり左肘を右肘にタッチさせる。

アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
3.体を内側にねじり左肘を右肘にタッチさせる。

4.体を外側にねじって左肘を引き上げ、目線は左肘へ。内側と外側にねじる動きを10回ずつ行う。

アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
4.体を外側にねじって左肘を引き上げ、目線は左肘へ。内側と外側にねじる動きを10回ずつ行う。

効果UPのポイント:腕だけで動かさず胸を起点に動かすと胸椎の可動域が広がりやすい。

教えてくれたのは…竹口正範先生

アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
Photo by Shoko Matsuhashi

サッカー日本代表の長友佑都選手がオーナーを務める「Cuore」の運動事業統括責任者兼フィジカルトレーナー。同社が運営するプライベートジム「CUORE ONE」にて、オリンピック選手などのトップアスリートから一般の方まですべての人に「本物」のトレーニングを届けている。自宅で簡単に、動的な体幹トレー二ングからリハビリの様な軽度なトレー二ングまで幅広く実践できるトレーニングツール「FLOWIN」のナショナルトレーナーも務める。

アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
FLOWIN

 

  • 2
  • /
  • 2

Photo by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
アスリート式不調解決メソッド|肩こり②
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する