長友佑都選手も実践!太らない体を作る「ファットアダプト食事法」とは

Getty Images

長友佑都選手も実践!太らない体を作る「ファットアダプト食事法」とは

サッカー日本代表として3度のW杯出場経験を持つ長友佑都選手が実践している「ファットアダプト食事法」。アスリートの体を支えるメソッドが、実はダイエットにも効果的!毎日の食事を少し工夫することで、体質を根本から改善し、スレンダーな美ボディを叶えることができるのです。その具体的な方法を、ファットアダプト食事法を長友選手と共に作り上げ、全てのレシピを監修している長友選手の専属シェフ、加藤超也さんにお聞きしました。今回は「糖質」の賢いとり方について。

痩せやすい体へ導く「ファットアダプト食事法」とは

ファットアダプト食事法は、長友選手のパフォーマンス向上のために考案された食事法です。そのメソッドは「糖質を適度に減らし、良質な脂質を摂取する」というもの。この食事法が、なぜ、ダイエットにも効果的なのでしょう?

「まずは、太る理由から説明しますね。糖質は、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物に多く含まれています。これらを、毎日の食事で多くとると、食後に血糖値が急上昇。膵臓からインスリンが大量に分泌され、血糖が筋肉や肝臓に取り込まれることで血糖値は下げられますが、それでも余った血糖は中性脂肪として脂肪細胞に取り込まれることに。その結果、脂肪細胞が肥大化し、太りやすくなります。

また、インスリンには体脂肪の合成を促し、分解をストップさせる働きがあり、その働きによっても体脂肪が蓄積されやすくなり、太りやすくなるのです。

ファットアダプト食事法で糖質を適度に減らすと、こうした脂肪の蓄積を抑えることができ、ダイエットにつながりやすくなります。と同時に、糖質の摂取量が減ると、糖質からエネルギーを確保することが難しくなるため、脂質がエネルギー源に。脂質は、エネルギーになる過程で脂肪を燃やす着火剤になるので、良質な脂質を積極的にとると“アブラでアブラを燃やす”サイクルが体にでき、余分な脂肪を燃やして、やせやすい体になるのです」(加藤シェフ)

長友佑都選手も実践!太らない体を作る「ファットアダプト食事法」とは
Photo by Kenji Yamada

Photos by Kenji Yamada
Text by Minako Noguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

長友佑都選手も実践!太らない体を作る「ファットアダプト食事法」とは
長友佑都選手も実践!太らない体を作る「ファットアダプト食事法」とは
長友佑都選手も実践!太らない体を作る「ファットアダプト食事法」とは
長友佑都選手も実践!太らない体を作る「ファットアダプト食事法」とは
長友佑都選手も実践!太らない体を作る「ファットアダプト食事法」とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する