日照時間とストレスの関係性|ストレスを手放す簡単な方法とは

Photo by Hide Obara on Unsplash

日照時間とストレスの関係性|ストレスを手放す簡単な方法とは

寒い季節は、何をするにも億劫になったり、疲れやすくなったり、ストレスを感じることはありませんか?なんとなく感じているそのストレス、意外なところに原因があるかもしれません。大切なのは、ストレスが溜めこむ前にこまめにリリースしていくこと。そこで今回は、簡単にできるストレス解消の呼吸法をご紹介します。

日照時間が減るとストレス状態に

一説には、秋や冬に不調を感じるのは、セロトニンの減少が関係していると考えられています。セロトニンとは、ストレスに対して効果があるといわれる脳内物質。分泌することで、心地よさを得ることができ、分泌されないと落ち込みやすくなったり、集中力の低下を招きます。

このセロトニンを分泌する方法の一つが、日光を浴びること。つまり、日照時間が短くなる秋、冬は、セロトニンが不足する傾向にあります。また、季節に関わらず室内にいる時間が長い人は、セロトニンが不足しがち。そんな時は、こまめにストレスケアを行う事が大切です。

呼吸をゆっくり行おう

ストレスケアを行う最も簡単な方法は、ゆったりとした呼吸を繰り返すこと。

慢性的にストレスを抱えていると、体がこわばり呼吸が浅く速く、交感神経が優位な状態に。これを鎮めるには副交感神経の働きを高めることが必要です。ゆったりとした呼吸を行う事で、副交感神経が高まり、交感神経の働きを抑え、自律神経のバランスが整っていきます。心身ともに緩んでストレスも少しずつ解消されていくでしょう。いつでもどこでもできるので、習慣づけていきましょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

日照時間とストレスの関係性|ストレスを手放す簡単な方法とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する