あなたは大丈夫?ヨガで撃退!季節性うつ病

Getty Images

あなたは大丈夫?ヨガで撃退!季節性うつ病

南 舞
南 舞
2018-10-24

酷暑だった夏も終わり、気温も湿度もちょうど良く過ごしやすい気候になってほっと一息、のはずなのに…!「原因不明のだるさ」「体調不良」を感じている人は季節性うつかも?ヨガインストラクターでカウンセラーとしても活動する筆者が、季節性うつの特徴と対策をご紹介します。

あなたは大丈夫?チェックしてみよう

こんな状態を感じている人はいませんか?

 □なんとなくだるい、疲れやすい

 □食欲が減った、または食欲が増している

 □寝ても寝ても寝たりない、あるいは眠れない

 □何事にも興味関心が薄くなった

 □訳もなく悲しくなる、涙が出てしまう

いくつか当てはまる人、ちょっと待って!それって「季節性うつ病」と呼ばれる症状かもしれません。

季節性うつとは?

「うつ病は心の風邪」と呼ばれるほど、誰にでも起こりうる症状として広く知れ渡っていますが、その中でも季節の変わり目に鬱々とした状態になることは【季節性うつ病(季節性感情障害:SAD)】と呼ばれます。季節性うつには、主に初夏から夏にかけて起こる【夏季うつ病】や秋から冬にかけて起こる【冬季うつ病】があり、人によってはどちらか片方、あるいは両方、さらには全く感じないという人もいます。
カウンセリングの仕事をしている中でも、5月から7月あたり、9月から11月あたりの季節の変わり目と呼ばれる時期は特に、身体や心の不調を訴える相談依頼が増えるような印象を受けます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する