「食後の眠気」を撃退するヨガの呼吸法【ヨガと睡眠#11】

Getty Images

「食後の眠気」を撃退するヨガの呼吸法【ヨガと睡眠#11】

井上敦子
井上敦子
2019-09-04

『なかなか寝付けない』『眠りが浅い』等、睡眠に関する悩みを抱えていませんか?日本では、一般成人の5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えているといわれています。多くの人が抱える睡眠に関する悩み。ヨガの実践が、その睡眠の質を上げることは広く認知されている事実です。ここでは、ヨガ的観点から睡眠の質を向上させていく方法をご紹介していきます。今回は番外編、どうしても眠気を覚ましたい時、シャキッとしたい時におすすめの呼吸法です。

睡眠不足の日、「食後」に眠くなるのはなぜ?

『睡眠不足でも乗り切らなきゃいけない一日』、そんな日を誰しも経験されたことがあるのではないでしょうか?自らの意思に反して眠気が襲ってくる。その眠気を抑えようと奮闘することは、とても辛いものです。そして、その眠気が特に強くなるのは食後だといわれています。

それではなぜ私たちは、食後に一番眠気を感じるのでしょうか?その答えは、自律神経の働きにあります。私たちの自律神経は、覚醒して活発な状態にあるときには交感神経が優位に働き、ゆったりとリラックスしているときには副交感神経が優位に働いています。食事を摂ると食物を消化する必要があるので、内臓の動きは必然的に活性化されますが、その内臓の動きを活性化するのは副交感神経の仕事です。

つまり、私たちは食事を摂ることで、意識せずとも副交感神経のスイッチをオン!しているのです。副交感神経が優位に立つと、自ずとリラックス状態になります。結果的に、食事の後に眠気を感じやすくなるのです。寝不足の日は特に、食後に眠気が襲ってくるのは当たり前のことだといえます。

現代は、交感神経が優位に立ちやすい生活を送っている方が多いので、副交感神経が優位に立つこと自体はとても良いことです。食事後の眠気も、リラックスするべき時を身体が教えてくれているのですから、その本能に従うことが理想的。しかしながら、『乗り切らなきゃいけない』現実を目の前に、眠気が強く集中力が低下してしまうのはやはり考えものです。今回の【ヨガと睡眠】では、自律神経の働きにフォーカスしながら、眠気の強い局面を上手に乗り切るための呼吸法をご紹介していきます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する