女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」

Shoko Matsuhashi

女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」

窓の月(48手ヨガ)

目的と効果:体をねじることで腎臓の裏側にある内分泌系のツボ、パールシャワサンディマルマを刺激し全身のホルモンを活性化する。くびれのあるウエスト美人になりたい人にもおすすめ。

やり方

1.両脚を揃えて仰向けになり、両腕は肩の延長線上に伸ばす。

女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
photo by Shoko Matsuhashi

2.体を左側にねじり、曲げた右膝を床につけて顔は窓の外の月を眺めるように右側に向ける。腹式呼吸を1分間続け、反対側も同様に行う。

女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
photo by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント:ねじった方向と反対側の肩が浮かないように注意し、肩をしっかりマットにつけてねじりを深める。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
女性ホルモンの分泌を助けるツボを刺激!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する