不感を緩和♡巡りのいい体に!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」

Shoko Matsuhashi

不感を緩和♡巡りのいい体に!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」

著書『48手ヨガ 江戸遊女に学ぶ女性ホルモンと体力活性法』がベストセラーを記録している鈴木まり先生に、江戸時代の春画にインスピレーションを受けた「四十八手」をもとにしたワークやアーユルヴェーダのマルマ(ツボの集合体)を刺激するワークなど、ホルモンバランスを整え、女性性を目覚めさせるメソッドを教えていただきます。パートナーと一緒にトライするのもおすすめ♡

日本最古の医学書『医心方』がルーツの「女性性開花メソッド」

この連載では、セックスの体位を描いた江戸時代の春画にインスピレーションを受けた「四十八手」をもとにしたメソッドや、アーユルヴェーダのマルマ(ツボの集合体)を刺激し全身をリラックスさせるメソッドを紹介していきます。四十八手と聞くと俗っぽいイメージがありますが、そのルーツは「医心方」という日本最古の医学書にあります。

「医心方」には婦人科疾患などに効く体位をまとめた性愛学専門の「房内編」があり、それが四十八手の元と言われています。そもそも日本の医学はヨガやアーユルヴェーダと関わりが深く、アーユルヴェーダから派生した性愛の学問「カーマスートラ」から、男女ペアで行い陰陽のバランスを整える「タントラヨガ」が誕生。これらの学問が中国を経て日本に渡り、わが国の医学の歴史が幕を開けました。こうした背景を持つ四十八手とヨガの要素を組み合わせて開発した「48手ヨガ」は、ホルモンバランスを整え、体幹強化や女性らしいボディラインをセルフメイクできる、女性美と健康を高める現代の画期的なメソッドです。(鈴木まりさん)

腿裏や内腿を鍛えて体に熱を生み、血巡りのいい体に

血行不良は婦人科系トラブルや不感の原因に。効果的に全身の血流を促すには、太腿など大きな筋肉を動かすのがポイント。私がハイヒールを愛用するのは、実は太腿の筋肉にアプローチするためでもあるんです。ハイヒールを履くと、姿勢の維持に必要な太腿、ふくらはぎ、背中の筋肉が自然と鍛えられ、筋肉を使うことで血流が改善し美脚効果も期待できます。忙しくてワークができないときは、ハイヒール通勤で効率的に太腿の筋肉を刺激!

今回ご紹介するのは、腿裏を伸ばす&しゃがむ動作で太腿の筋肉を刺激して全身の血流をよくするワーク。「碁盤攻め」の背面の使い方はヨガのダウンドッグを意識して。「時雨茶臼」はヨガの花輪のポーズにあたります。(鈴木まりさん)

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

不感を緩和♡巡りのいい体に!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
不感を緩和♡巡りのいい体に!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
不感を緩和♡巡りのいい体に!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
不感を緩和♡巡りのいい体に!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
不感を緩和♡巡りのいい体に!四十八手に学ぶ「女性性開花メソッド」
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する