摂り方で効能が変わる!?アーユルヴェーダ的「辛味」とのつきあい方

Getty Images

摂り方で効能が変わる!?アーユルヴェーダ的「辛味」とのつきあい方

HIKARU
HIKARU
2019-08-04

ヨガ講師でアーユルヴェーダカウンセラーとしても活動するHIKARU先生に、アーユルヴェーダの知恵を借りて、日々を心地よく過ごすヒントを教えていただきます。今回のテーマは「辛味とのつきあい方」について。

辛味とのつきあい方

夏限定のメニューには、スパイスをきかせた味付けが多く出回りますね。アーユルヴェーダでは、「甘酸塩辛苦渋」という6つの味を食事の中でバランス良く摂ることを推奨していますが、今回は「辛味」のより良いとり方を紹介します。

辛味とは

「舌と接触したときに刺激感あり、針で刺すような痛みを与え、口と鼻と目に灼熱感をあたえ、唾液などを分泌させる。」これが辛味であると、アーユルヴェーダの古典書には書かれています。

まず、ご飯やうどん、パン、野菜、果物といった食事の中心であり体との適合性を持ち、体を作る代表的な味は、「甘味」です。そして、それらの食材を美味しくいただくために、調理をする際には味付けをします。食物に風味を与え、食事に欠かせない調味料の代表は、「塩味」です。そして、今回のテーマである「辛味」は、食事に刺激をもたらす代表的な存在なのです。

そもそも刺激は、生体に作用して、その状態を変化させ、なんらかの反応を起こさせることですし、物事の動きを活発にさせるきっかけとして、外から作用することです。私たちの人生にチャレンジや、おもしろみを与えてくれる刺激を持つ味だからこそ、激辛に挑戦などの勝負事に使われる味は、いつも決まって「辛味」なのですね。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する