ほてりや気持ちの高ぶりを解消|夏の不調に効くアーユルヴェーダデトックス法

MASA

ほてりや気持ちの高ぶりを解消|夏の不調に効くアーユルヴェーダデトックス法

夏バテなど体調を崩しやすい季節。日常生活でできるアーユルヴェーダのデトックス法で体の中から整えて、快適に過ごしましょう!アーユルヴェーダ・エデュケーターの文分千恵先生にお聞きしました。

湿疹、ほてり、熱をデトックスする方法

太陽の日差しが強い夏は、過剰な熱が高まりやすい季節。体内に熱が溜まりすぎると、湿疹やほてりなどの症状が現れ、夏特有の不調の原因に!

夏のおうちでできる!アーユルヴェーダデトックス
Photo by MASA

3日間フルーツファスティングをする

3日間、通常の食事の代わりにフルーツを食べるプチ断食は、過剰な熱を排出するのにうってつけ。合間には白湯やノンカフェインのハーブティーを飲みましょう。「夏ならスイカや桃、ぶどうなど旬のくだものならなんでもOK。4日目はいきなり肉など消化に負担がかかるものは避け、おかゆなどの回復食をとりましょう」(文分先生)

フルーツファスティング プチ断食
Photo by MASA

準備するもの
・バナナ、グレープフルーツ以外の季節のフルーツ…適量

フルーツファスティング
Photo by MASA

オイルマッサージをする

入浴前の全身マッサージで心身をクールダウン
ココナッツは冷性なので、全身の過剰な熱を取り去る効果が。「湯せんして温めたココナッツオイルを骨に沿って全身にのばし、関節はくるくると円を描くようにマッサージしましょう。30分ほど置くと、体内にオイルが浸透。時間がなくても10分は置くようにして」(文分先生)。シャワーを浴びて軽く洗い流してから、お風呂に入ればスッキリ。

準備するもの
・ココナッツオイル

夏でも手足が冷たいという冷え性の人は、ココナッツオイルではなくごま油を使って。ごま油は温性で、どんな体質の人にも合うオイル。そのためアーユルヴェーダのマッサージやセルフケアでは最もよく使われる。

ココナッツオイル
Photo by MASA

Photos by MASA
Styling by Keiko Katanozaka
Model by Taylor Suzuki
Text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.54掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

フルーツファスティング
フルーツファスティング プチ断食
ココナッツオイル
夏のおうちでできる!アーユルヴェーダデトックス
耳 マッサージ ごま油
耳 マッサージ
夏のおうちでできる!アーユルヴェーダデトックス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する