アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【ヨガの聖地へ行ってみよう後編♯21】

本田ゆうすけのインド旅行記

アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【ヨガの聖地へ行ってみよう後編♯21】

本田雄介
本田雄介
2019-07-06

アラフォー体ガチガチのヨガ初心者、本田ゆうすけさんが本場インドでRYT500を取得するまでの波乱万丈!?エピソードをお届けする人気連載。今回は、ヨガの聖地リシケシへ行ってみます。 隔週土曜更新。

スケジュールの間を縫って向かったのは、ヨガの聖地と言われる‟リシケシリシケシュ)”。様々なヨガの流派が混在し、アシュラム(修行場)が立ち並び、世界中からヨギー・ヨギー二たちが集まる場所。ヒンドゥー教の聖地でもあります。

観光地化が進んでいるとはいえ、インドローカルの生活感や伝統的な風習は色濃く残ったまま。現地ならではのお土産屋もたくさんあって、ヨガをやっていない人でも楽しめるところです!

そんなリシケシはガンジス川上流の北インドにあります。道中、乗り継ぎで立ち寄ったデリーでは詐欺コンビに狙われたり、リシケシに向かうタクシーでは途中下車させられそうになったり。インドならではの体験も、ネタにしてしまえばあとは良い思い出。そんなこんなするうちに、ようやくリシケシに到着しました!

リシケシと一言でいってもかなりの広範囲で、いくつかエリアも分かれています。車を降りたところから少し歩くと、大きな吊り橋があり、各エリアをつないでいます。橋の対岸が、外国人も含めて特に賑わっているエリア。眼下にはガンジス川、山々に囲まれたリシケシの町並みを眺めながら渡ります。この橋、たいして幅もないのに、牛やバイクも通ります。橋の上で渋滞が起きることもしばしば。

リシケシといえば、吊り橋!
リシケシといえば、吊り橋!

インドではお馴染みの、クラクションが鳴り響く音、我が物顔で観光客を見下ろす猿。焦点の合わない目をした欧米人が、牛に顔をベロンベロン舐められていたりします。常人なら臭くて耐えられないでしょう、ヨガを深めすぎたのでしょうか。あまり関わらない方が良さそうです(笑)。

橋の上でお猿さんと
橋の上でお猿さんと

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ランチ。インドっぽさゼロ
リシケシといえば、吊り橋!
橋の上でお猿さんと
ドロップインしたレッスンの先生
アシュラムにて。眺めも良いです
カフェからのガンジス川ビュー
ガンジスの夕日。上流なので水もキレイ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する