雨の日だからこそ!ヨガレッスンを受けたい2つの理由

Getty Images

雨の日だからこそ!ヨガレッスンを受けたい2つの理由

6月と言えば梅雨。雨が降るのも大事なことと分かっていつつも、どうしても気分が滅入ってしまう時期ではないでしょうか。メイクや髪も湿気のせいでなかなか決まらず、洋服や靴も雨の日は少し考えてしまったりと女性には悩ましい時期ですが、実はこの時期こそヨガをオススメしたい理由があるのです。

雨の日にこんな症状ありませんか?

前日遅くまで起きていた訳でもないのに、朝起きた時からなんとなくダルさを感じたり、一日中眠気を感じたまま、ちょっと頭痛を感じたり指先足先の冷えを感じる人もいるかもしれません。本当は今日ここまで終わらせようと思っていた仕事も思うように進まず、余計にテンションが上がらないなんてことに。こんな時こそヨガを受けて体の内側も外側もスッキリしたいところですが、駅からスタジオまで歩いてまた雨に濡れるのは嫌だから今日は家にそのまま帰ろうなんて人も多いのでは・・・?

雨の日のダルさや眠気の原因とは

雨の日特有のダルさや眠気、実はちゃんと原因があるのです。雨の日は自律神経の中の副交感神経と呼ばれる神経が優位になっています。この副交感神経は心も体もリラックスさせる作用がある為、ダルさや眠気を引き起こしてしまいます。本来、交感神経と副交感神経が1日の生活の中でバランス良く働いてくれるのですが、雨の日になるとそれが崩れやすくなります。なのでヨガをすることで交感神経を優位にして、自律神経のバランスを整えてあげることがとても大切です。多少運動量のあるクラスの方が交感神経は優位になるので、雨の日こそ運動量があるクラスがオススメです。

また雨の日は湿気が多いので気付きにくいですが、気温や冷房によって体が内側から冷えています。冷えをそのままにすることで代謝が落ち、免疫力も下がりやすくなります。ヨガをすることによって体を内側から温めて、血行を良くしてあげましょう。そうすることで自然と寝付きやすい状態になるので夜もぐっすり眠れるでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する