高齢者だけでなく若者も要注意!理学療法士に聞く「骨粗しょう症」を予防するためのヨガ

Getty Images

高齢者だけでなく若者も要注意!理学療法士に聞く「骨粗しょう症」を予防するためのヨガ

堀川ゆき
堀川ゆき
2019-06-11

高齢者だけでなく若者も注意が必要?今回は、骨粗しょう症を予防するためのヨガについて教えます。

1.骨粗しょう症(こつそしょうしょう)とは

骨粗しょう症は、加齢とともに骨量が減って骨がスカスカの状態になって弱くなり、骨折しやすくなる病気です。そのため、ちょっと転んだり、尻もちをついたり、重いものを持ち上げたりしただけでも骨折してしまうことがあります。日本には約1300万人の患者さんがいて、女性の骨粗しょう症患者は男性の3倍というデータがあります。

2.骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症の原因は、主に以下の8つです。

・加齢
・閉経
・過度のダイエット
・運動不足
・喫煙者
・過度の飲酒
・糖尿病や慢性腎臓病などの生活習慣病
・骨粗しょう症の家族歴がある人

10代から20代の骨が成長する時期に、極端なダイエットや偏食をしていた方や、喫煙や飲酒も危険因子です。また、運動が大切ですが運動なら何でも良い訳ではなく、骨の強度を上げる運動とあまり効果が期待できない運動とがあるため、注意が必要です。

このように、実は骨粗しょう症は高齢者だけの病気ではなく、今まだ若いうちの自分自身の生活習慣が原因となる可能性がとても大きいのです。そのために、若い頃から対策をしていく必要があります。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ジャンプバックで骨を強化
プランクポーズ
ジャンプインで骨を強化
ウッタナーサナ
タダーサナから背伸び
踵をストンと下ろす
ブロックを使ってローランジでジャンプ
ブロックを使ってローランジでジャンプして足を入れ替える
ブロックを使ってローランジでジャンプ
ブジャンガーサナ(コブラのポーズ)で手放し
シャラバーサナ(バッタのポーズ)でバタ足
シャラバーサナ(バッタのポーズ)でバタ足
ウトゥカターサナ(椅子のポーズ)で屈伸運動
ウトゥカターサナ(椅子のポーズ)で屈伸運動
ハイランジで屈伸運動
ハイランジで屈伸運動
ブリクシャーサナ(木のポーズ)
ナタラージャーサナ(踊り神のポーズ)
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する