初心者でも集中しやすい!「マーラー(数珠)」を使ったマインドフルネス瞑想

Heeki Park

初心者でも集中しやすい!「マーラー(数珠)」を使ったマインドフルネス瞑想

「Japa Meditation(ジャパメディテーション)」の意味と由来

数珠はヨガでは「Japa Mala ジャパ・マーラ」と呼ばれていて、ジャパは「唱える」、マーラは「輪」を意味します。そのジャパ・マーラーを使って一つ一つ数えながらマントラや神の名前などを繰り返し唱えることで、邪念が消え、絶え間なく集中することができます。この瞑想法を「Japa Meditation(ジャパメディテーション)」といい、マントラや聖なる言葉などを繰り返し唱え続けることによって起こる音の波動が精神を集中させ、意識を高いところに持っていきます。また、肉体を鍛えるよりも精神を鍛錬するための瞑想法でもあります。

「Japa Meditation(ジャパメディテーション)」は、声を出してマントラを唱える方法と、声を出さず心の中で唱える方法があります。伝統的には仏教、ヒンドゥー教、ジャニン教、シーク教などで使われてきましたが、現在ではそういった宗教を持たない方でも、気軽にマーラーを手に入れて瞑想の練習に取り入れています。

マントラに馴染みがない方は、マントラの代わりにご自分の呼吸を数えていくという、手軽に集中力を高めるマインドフルネスの体験をすることもできますので、いざ瞑想しようとしてもすぐに集中力が途切れてしまうという方には、特におすすめです。

マーラー
精神を鍛錬するための瞑想法です

 

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マーラー
マーラー
マーラー
マーラー
瞑想
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する