肩で頑張りすぎてない?力が入りやすいポーズを快適に保つためのアドバイス

BIGSTOCK

肩で頑張りすぎてない?力が入りやすいポーズを快適に保つためのアドバイス

須藤玲子
須藤玲子
2019-03-17

ヨガは強い安定と心地よい快適さを大切にしています。歯を食いしばって頑張るものではなく、また、痛みと戦ってまでポーズを保つものでもありません。よく、「余分な力を抜いて!」と言われるけれど、誰でも、つい身体に力が入ってしまって気持ちよくないと思うことがあるのではないでしょうか?今回は、肩まわりに力が入りやすいポーズをピックアップして、より快適にポーズを保つためにはどうしたらよいのか、一緒に考えてみましょう!

どうして肩に力が入るの?

ポーズをとるときについ力が入ってしまうところはどこでしょうか?おそらく多くの人が思い浮かべるのは肩まわりではないでしょうか?特に両手を上げたり、肩の高さで広げたり、腕を伸ばすポーズでは無意識に肩が上がり力んでしまうことがあります。更に首や顎にまで力が入り、呼吸も浅くなりがち。また、片足で立つバランスのポーズではぐらぐらするのを防ぐため、肩でバランスを取ろうとして必要以上に力が入ってしまうこともあるでしょう。ポーズの安定は、上半身の力ではなく、土台となる下半身がポイントです。肩まわりに力みを感じたときは、一度仕切り直してひとつ前の動きに戻り、呼吸を整え、余分な力を解放しましょう。肩や首、顎、呼吸は常に楽にリラックスすることを忘れないように!

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ポーズ
ポーズ
ポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する