快適にヨガを楽しもう!ポーズを安定させるためおさえておきたいポイントとは?

BIGSTOCK

快適にヨガを楽しもう!ポーズを安定させるためおさえておきたいポイントとは?

須藤玲子
須藤玲子
2019-02-10

ヨガはアーサナ(ポーズ)、呼吸法、瞑想の3つのメソッドで成り立っています。ポーズをとることだけがヨガではなく、呼吸法や瞑想を快適に行うための最初の一歩がアーサナであり、ポーズを安定させることがヨガを深めていくことにつながります。快適で安定したポーズをとるためにおさえておきたいポイントについてまとめてみました。「ヨガをもっと深めたい」という人だけでなく、「これからヨガをやってみたい」と思っているあなたも、基本的なことから確認してみましょう。

土台の安定

ヨガのポーズには安楽座などの座位、よつばい、膝立ち、立位等、多くのバリエーションがあります。どのような姿勢であっても、最初に意識したいのは、マットや床と接する土台です。鏡のあるスタジオのレッスンでは、つい自分の顔や上半身に目が向いてしまいがちですが、まずは土台となる足元から確認するようにしましょう!ジェンガというゲームをご存知でしょうか?積み木のようなブロックを積み重ね、崩してしまうとゲームオーバー。ヨガのポーズもジェンガと同様です。土台となる足元からひとつひとつ正しく積み重ねていくことで安定して崩れないポーズにつながっていくのです。

呼吸の安定

レッスン中にがんばりすぎて、周りの人と張り合ってしまうことはありませんか? ヨガは自分のペースで行うもの。キツい!と感じた時は呼吸を観察してみてください。心地よいと感じるときに比べて浅くなったり、あるいは、歯を食いしばって呼吸が止まっていたりしませんか?ヨガは呼吸を深めながらポーズをとるもの。たとえ動きがなく、キープしているときでも安定した深い呼吸を繰り返しましょう。ポーズを安定させ、心地よくキープするためには呼吸の安定は不可欠です。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する