産後すぐに腹筋トレーニングをしてはいけない理由

PIXTA

産後すぐに腹筋トレーニングをしてはいけない理由

櫻井麻美
櫻井麻美
2018-10-29

「産後ゆるゆるになったお腹を引き締めたい!」そんな思いから、産後するに腹筋運動に励むお母さんがいるようです。間違ったトレーニングを続けると、逆効果になってしまうことも…正しく腹筋強化するためにはヨガが最適です!その理由とは?マタニティヨガを指導する筆者がご説明します。

産後のお腹はどうなっているの?

妊娠出産を経て、お母さんのお腹の状態は激動します。妊娠中から、妊娠後期にかけて特に赤ちゃんは大きくなるので腹筋群は引き延ばされます。そのため、寝ている状態で正面から体を起こすのも難しくなるくらい筋力も低下しがちです。また、いわゆる腹筋が割れた状態の時に見えるアウターマッスルである腹直筋は、妊娠中そのままだとお腹が前に出っ張るときに邪魔になってしまうので左右に離れていきます(腹直筋離開)。お母さんのお腹の筋肉は通常の状態よりもかなり弱まって、特異な状態なのです。
出産でお腹の中にいた赤ちゃんがいなくなって、そこからすぐに元の状態に戻ることはできません。少しずつ、時間をかけて元の筋肉の状態に戻ろうとしますが、ここで無理をして立ち上がって家事をしたり、赤ちゃんのお世話をしたりすると、それがしっかりなされないままになってしまいます。産後すぐの激しいトレーニングも然りです。まずは体を安静にして、しっかりと養生することが大前提だということを覚えておいてください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する