アシュタンガヨガ第一人者に学ぶアームバランス攻略法|ボディコントロールに必要な2つのワーク

Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

アシュタンガヨガ第一人者に学ぶアームバランス攻略法|ボディコントロールに必要な2つのワーク

引き上げる力をつけよう

腕で体の重心をコントロールするには腕の力とともに、お腹から引き上げる力も大切。このコントロール力が身につくと、できるアーサナの幅がぐんと広がるはず!

ワーク①

長座で座り、片方の肩に脚をかける。両腕で全身を支え、上体を持ち上げてお尻を浮かす。もう一方の脚をまっすぐ伸ばす。反対側も。3呼吸×3セット。

芥川舞子
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

POINT:脚は床と平行

ワーク②

両膝を曲げて上腕にひっかけ、両腕で上体を持ち上げる。腕だけで持ち上げず、お腹の中心から体を引っ張り上げるイメージで行う。5呼吸×3セット。

芥川舞子
Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

POINT:体の中心から引き上げる

 

教えてくれたのは...ケン・ハラクマ先生
インターナショナルヨガセンター(IYC)&アシュタンガヨガジャパン主宰。初心者から上級者まで、どんな相談にも意義深いアドバイスをくれる、日本のヨガ界の第一人者。

モデルを務めたのは...芥川舞子さん
ヨガティーチャー、モデル。メディア出演のほか、I YCレギュラークラス、大手スタジオのシニアティーチャーなども務める。近年ではプライベートスタジオを主宰し、メンバー制でのヨガクラスを開催している。

  • 2
  • /
  • 2

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ホタルのポーズ
芥川舞子
芥川舞子
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する