初めてのヨガリトリート、知っておくべき7つのこと

初めてのヨガリトリート、知っておくべき7つのこと

1. 指導者について調べてみよう

これはきわめて重要だ。「休暇で出かけるのであれば、風光明媚な場所で自分の個性に合った素晴らしいインストラクターと一緒に過ごしたいですよね。理想を言えば、自分が一緒に休暇を過ごしたいと思うタイプの人を惹きつけるようなインストラクターがいいいですね。」コロラド州アスペンにあるシャクティシャラスタジオのオーナーであり指導も行っているジェーン・ゴットリーブの言葉だ。

2. リトリートで行われるヨガの種類について調べてみよう

ヴィンヤサフローからホットヨガ、マタニティーヨガ、はたまたヌードヨガまで、リトリートではありとあらゆるヨガのレッスンがある。どんなヨガを行うことになるのか調べてみよう。ヒューズは、リラックスできるリストラクティブ系のヨガとパワー系のヨガを組み合わせて、新鮮味が失われないよう工夫しているプログラムを探すことを勧めている。

3. 1日2レッスンから始めてみよう

ヨガリトリートに行くからといって、ヨガしかできないわけではない。シャクティシャラのインストラクターでリトリートリーダーでもあるジェス・エワートは、1日2レッスンから始めるのがよいとアドバイスしている。

4. 休憩時間が肝心!

リトリートの目的は、自分に必要なものを得ることであって、必要以上に頑張ることではない。エワートによれば、自分のスケジュールを慎重に組み立てることが、心と体にいちばん力を与えることにつながるという。また、ヒューズは、休憩時間を使って昼寝や読書をしたり、散歩に出かけることを勧めている。

Translated by Setsuko Mori

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する