肩こり・腰痛改善・やる気アップ!【背骨】を動かすことでメリットいっぱい「一石三鳥ヨガ」

AdobeStock

肩こり・腰痛改善・やる気アップ!【背骨】を動かすことでメリットいっぱい「一石三鳥ヨガ」

中村優希
中村優希
2021-10-01

辛い肩こりや腰痛、なんだかやる気が湧かない…。そんなお悩みがある方にぜひお試し頂きたい、一石三鳥の背骨を動かすヨガメソッドをお伝えします。

背骨が硬くなると?

本来私たちの背骨は、横から見ると自然なS字カーブを描いています。ですが、普段から姿勢が悪い方や、歩き方や重心の掛け方の癖、運動不足等により自然なS字カーブが崩れている方は多いです。S字カーブが崩れている姿勢を続けていることで筋肉のバランスも悪くなり血行不良を起こし肩こりや腰痛だけではなく、ぽっこりお腹など‥様々な原因につながるのです。

私たちの体は普段とっている姿勢から作られるので、長時間のデスクワークの方や、普段からスマートフォン、パソコンなどに向かう時間が多い方は自然と肩が前に入りやすい姿勢になり、背中が丸まってしまうため、背骨周りの筋肉はガチガチに固まってしまいますよね。背骨には自律神経が集中しているので背骨周りの筋肉が硬いことで、うまく自律神経のバランスが切り替わらずに、体だけでなく心身の不調にも繋がります。また、背中が丸いと気持ちも内向的になりやすく気分が沈みやすくなるのです。

背骨を柔らかくする効果

●全身の凝りや痛みの緩和

背骨周りの筋肉をほぐすことで、背中のこりが解れるだけではなく、肩こりや腰痛など全身の不調の改善に繋がります。背骨は私たちの体の中心軸となる部分。中心軸が解れることで体全身の血流が良くなり全身の凝りや痛みの緩和につながるのです。

●姿勢改善

背骨周りの筋肉が解れることで、背骨が本来の自然なS字カーブに。背骨と骨盤も連動して動いていますので背骨が正しい位置に戻れば骨盤の歪みも整い、猫背や反り腰等の姿勢が改善されて美しい姿勢に繋がります。

●やる気アップ

背骨の周りには自律神経が通っているので、背骨周りが解れることで自律神経のバランスも整いやすくなります。また自律神経と呼吸は深い繋がりがある為、自律神経のバランスが整うことで呼吸も深まり、気持ちが元気になりやる気アップにも繋がります。

一石三鳥の背骨を動かすヨガメソッド

〈やり方〉

正座あぐらなど楽な姿勢で座ります

②吸いながら両手をバンザイ胸を開いて背骨をしならせます

③吐きながら両手をクロスさせ背中を丸めます

④ ②③を何度か繰り返しましょう

⑤吐きながら両手を背中の後ろで組み、胸を引き上げて呼吸

⑥吐きながら両手を解放します

 

Instagram:yuki.nakamura.yoga

AUTHOR

中村優希

中村優希

幼少時代から新体操に打ち込み、大学時代には日本一のチームに所属。会社員時代にヨガと出逢い、その後ヨガインストラクターへ。主宰のオンラインレッスンや板橋のヨガ教室の他、プライベートヨガや企業ヨガ等の出張クラスも行いながら、大規模イベントの講師、ヨガ雑誌などの監修やポーズモデルを多数務めるなど多岐にわたる。長年新体操やヨガで培った経験から、美しい姿勢や柔軟性を高める体の使い方なども伝えている。"心身が整いほぐれるレッスン"効果を感じ分かりやすい!と人気を集めている。 Lani yoga主宰

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する