【1分×3セット】体のあちこちについた脂肪が気になったら…全身引き締める!3つのヨガトレーニング

Adobe Stock

【1分×3セット】体のあちこちについた脂肪が気になったら…全身引き締める!3つのヨガトレーニング

須藤玲子
須藤玲子
2021-07-09

夏が近づくにつれ、体のあちこちについた脂肪が気になり始めた人におすすめ!一気に全身引き締めるトレーニング効果の高いヨガポーズを紹介します。それぞれのポーズをキープして深めてもよし。2つのポーズを繋げて深めるのもよし!二の腕やお腹、背中、お尻、脚など、特に気になる部分があれば、そこに意識を向けてチャレンジしてみましょう。目標は1分×3セットです!

1.ドルフィンプランクポーズ

ドルフィンプランクポーズ
1.肩の下に肘をついた四つ這いになる。
2.両手のひらを押し合い、腕で床を押して片方ずつ足を後ろに引く。頭、背中、かかとが一直線になるように姿勢を整える。
3.安定したらそのまま1分間キープする。(できたら3セット!)

体幹トレーニングの基本!肘をついたプランクポーズです。体幹を強くして美しい筋肉をゲット!エネルギー消費を高めて脂肪を燃焼させ、引き締まったボディを目指しましょう。

やり方

1.肩の下に肘をついた四つ這いになる。

2.両手のひらを押し合い、肘から下で床を押して片方ずつ足を後ろに引く。頭、背中、かかとが一直線になるように姿勢を整える。

3.安定したらそのまま1分間キープする。(できたら3セット!)

力が抜けてお腹が落ちないように、また、お尻がぽっこり上がらないように、長くまっすぐな背骨を意識します。呼吸が苦しく感じる時、筋肉がプルプルしてバランスが崩れそうな時は一旦ポーズから離れましょう!少しお休みしてからもう一度頑張って!

2.ドルフィンポーズ

ドルフィンポーズ
1.肩の下に肘をついた四つ這いになる。
2.両手のひらを押し合い、肘から下で床を押し、膝を床から浮かせてつま先立ちになる。ゆっくりお尻を斜め後ろに引き上げる。
3.お腹を引き込み、腰が反れないようにして背中や腰を長く伸ばす。少しずつ膝を伸ばし、かかとを床に下ろして姿勢を整える。
4.1分間キープする。(できたら3セット!)

肘をついたプランクからお尻を斜め後ろに引き上げたポーズ。ダウンドッグで肘をついた体勢をイメージしてみましょう。肩まわりの柔軟性が更に必要になるため、ダウンドッグより難度は少し上がりますが、引き締め効果も高いポーズです。体幹の強化や筋力UPはもちろん、全身のストレッチ効果もあり、しなやかで柔軟性のある筋肉を作ります。

やり方

1.肩の下に肘をついた四つ這いになる。

2.両手のひらを押し合い、肘から下で床を押し、膝を床から浮かせてつま先立ちになる。ゆっくりお尻を斜め後ろに引き上げる。

3.お腹を引き込み、腰が反れないようにして背中や腰を長く伸ばす。少しずつ膝を伸ばし、かかとを床に下ろして姿勢を整える。

4.1分間キープする。(できたら3セット!)

ドルフィンプランクポーズと同様に呼吸が浅くならないように注意して行います。背中が丸くなる場合は、膝を曲げたままでもOK!無理せずチャレンジしましょう。肩がガチガチになっている時はポーズに入る前にストレッチをしてほぐしてからやってみて!

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にスタジオ・オンラインにて活動中。リラックスからトレーニング系ヨガまで、静と動(陰と陽)のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと共にアロマのある暮らしも提案する。RYT200/フェイシャルヨガTTC/骨盤底筋トレーニングヨガTTC/リストラティブヨガTTC/陰ヨガTTC/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ドルフィンプランクポーズ
ドルフィンポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する