【省エネダイエット】無駄な体力を使わず確実に効かせる!寝たまま脇腹引き締め術

Adobe Stock

【省エネダイエット】無駄な体力を使わず確実に効かせる!寝たまま脇腹引き締め術

須藤玲子
須藤玲子
2021-06-13

加齢と共に気になり始めた脇腹のたるみ。気づいたらくびれがなくなっていてショック!なんとかしたいと思うけど、ボディメイクのトレーニングは3日坊主で続かない…。今回は、そんな人にこそおすすめ!寝たままできるくびれを作るエクササイズを紹介します。無駄なエネルギーは使わない、自分に優しいエクササイズです。

広告

寝たままでやっても効果はあるの?

「寝たまままでできる」「簡単にできる」そんなキャッチフレーズについ反応してしまうけれど、実際効果はどうなの?楽なぶん、効果が低いのでは?そう思う人もいるかもかもしれません。でも大丈夫!安心して下さい。意外にも、寝て行うからこそ得られるメリットがあります。主なおすすめポイントを4つ挙げてみましょう!

●楽だから挫折しない。効果が出るまで続けられる。

●無駄な筋力を使わないから、ピンポイントで引き締めたい部分に効く。

●姿勢が崩れにくいから、正しいやり方でできる。

●ベッドでやれば、そのまま寝られる。

いかがでしょうか?思っていたより効きそうかも…そう思いませんか?

寝たままできる!くびれを作るエクササイズ

寝たままでもできるくびれ作りエクササイズ
やり方
1.手足を楽な位置に投げ出して横になり、呼吸を整える。
2.足を腰幅程度に、両手は肩の高さで肘を曲げたサボテンの形にする。
3.息を吐きながら左肘と左膝を近づける。左脇腹を意識して内側に引き込む。
4.息を吸いながら、2の姿勢に戻す。
4.左右交互に10回を1セットにして、自分のペースで繰り返す。

やり方

1.仰向けの姿勢になる。手足を楽な位置に投げ出して、呼吸を整える。

2.足を腰幅程度に、両手は肩の高さで肘を曲げてサボテンのような形に。

3.息を吐きながら左肘と左膝を近づける。左脇腹を意識して内側に引き込む。

4.息を吸いながら、2の姿勢に戻す。

4.左右交互に10回を1セットにして、自分のペースで繰り返す。

ポイント

肩や、背中が浮かない範囲で体を傾けます。引きこんだ脇腹とともに、逆側の脇腹を伸ばす意識も忘れずに!最初は1セットから。慣れてきたら、お休みを挟んでもいいので3セットを目安に頑張って!バランスが取れるようになったら、同じエクササイズを立ってやるのもいいでしょう。

早速今夜から始めよう!

運動習慣がない人や、筋力に自信のない女性にとって、どんなに効果的であっても、負荷の大きいエクササイズは続かないものです。特に立って行うエクササイズは、バランスを保つための体幹も必要!正しい姿勢が保てないと効果が半減してしまうこともあります。まずは、楽にできるエクササイズから始めてみましょう。寝たままでもボディメイクは可能です!効果はもちろんのこと、エクササイズ後の程よい疲労感が、そのままよい眠りに導いてくれるので、気持ちよく朝を迎えられるはずです。早速今夜からスタート!寝たままできるエクササイズでキレイなくびれを作りましょう。

広告

イラスト/illustAC

AUTHOR

須藤玲子

須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にスタジオ・オンラインにて活動中。リラックスからトレーニング系ヨガまで、静と動(陰と陽)のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと共にアロマのある暮らしも提案する。RYT200/フェイシャルヨガTTC/骨盤底筋トレーニングヨガTTC/リストラティブヨガTTC/陰ヨガTTC/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

寝たままでもできるくびれ作りエクササイズ