【ガチガチ肩こり】肩だけでは不十分?他にストレッチすべき体の部位は

Adobe Stock

【ガチガチ肩こり】肩だけでは不十分?他にストレッチすべき体の部位は

肩のこりを感じたらどんなストレッチをしますか?そのストレッチではどこを動かしていますか?無意識のうちに力が入りやすい手、そして縮こまって硬くなりがちな胸も、実は肩こりに関係しています。範囲を広げてケアをしましょう。

肩甲骨とつながっている場所も意識しよう

肩がこったと感じた時に肩回しをすることが多いですが、この時に鎖骨と胸の中央にある胸骨をつなぐ胸鎖関節を意識してみましょう。肩甲骨は鎖骨とつながっているため、肩を動かす時には胸鎖関節も動きます。指を付近にあて、肩回しをした時に肩のすぐ近くだけでなく、胸鎖関節の動きもしっかりと感じられるようにゆっくりと大きく動かしてみましょう。肩の一か所だけではなく、つながりのある離れた部分も意識して動かすことが大切です。

胸鎖関節
Illust by illust AC

胸と脇の下

肩こりは胸や脇の下の筋肉が縮こまっていることも原因の一つです。壁やボルスター(またはそれに代わるもの)を使ってストレッチしてみましょう。

大胸筋と前鋸筋
Illust by illust AC

壁を使ったストレッチ

壁を使ったストレッチ
Photo by Kayoko Yoshida

両手を肩幅より少し広く、頭より高い位置で壁について、背中がまっすぐになるところまで後ろに下がります。足を腰幅より広く広げると安定しやすくなります。脇の下の筋肉(前鋸筋)の伸びを感じましょう。

手の位置を高くしたチャイルドポーズ

チャイルドポーズ
Photo by Kayoko Yoshida

やり方:

1.ボルスター、丸めたブランケットブロックなど高さをつけられるものを前に置く。
2. 両方の手のひらを乗せて両腕を真っすぐ伸ばしてチャイルドポーズに。
3. おでこと胸を下げて床に近づけ、脇の下や胸がストレッチされるのを感じながら呼吸を続ける。
4. 手のひらを床におろして、ゆっくりと起き上がる。

牛の顔のポーズ(簡易版)

牛の顔のポーズ
左:牛の顔のポーズ / Photo by Yoga Journal US

片方の腕を上げて肘を曲げ、もう片方の手を使って肘を左右に動かして胸をストレッチします。手で肘を押しすぎないように注意しましょう。

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

胸鎖関節
大胸筋と前鋸筋
壁を使ったストレッチ
チャイルドポーズ
牛の顔のポーズ
手のストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する