頑張らないアンチエイジングとは?誰にでもできる若さとキレイを保つ8つの習慣

Getty Images

頑張らないアンチエイジングとは?誰にでもできる若さとキレイを保つ8つの習慣

須藤玲子
須藤玲子
2020-07-20

人は必ず歳をとります。それはわかっているけど「少しでも若さを保ちたい!」歳を重ねるにつれて、誰でもそう思うもの。アンチエイジングに効果的と言われることがあれば、とりあえずやってみる。そんな人も多いのではないでしょうか?今回のテーマは「頑張らないアンチエイジング」。いろいろ試したけど結局続かなかった…。そんな人でも大丈夫!日常の中でできる8つの習慣を紹介しましょう。

アンチエイジングのために身につけたい習慣

老化を止めることはできないけれど、遅らせるとこならできるはず。そのためには、ごく当たり前の健康的な日常生活を送ることが一番の近道です。頑張らないとできないことや、高価な化粧品、サプリを取り入れる前に、日常の中でできることを続けてみましょう。そこには大変な努力や特別な費用はいりません。ほんの少し意識して実行するだけです。

1.楽しんで続けられる運動をする

若さを保つために運動を欠かさない!そんな人も多いのではないでしょうか?もちろん筋力やバランス力、柔軟性を保つための適度な運動は必須ですが、辛いダイエットが続かないのと同様、頑張らなきゃできないことは長続きしません。楽しいかどうかがポイントです。運動が苦手でも、年齢を重ねてからでもできることはあります。散歩やストレッチ、リラックスのためのやさしいヨガでも十分。毎日じゃなくてもいいので、楽しくできることを探して続けていきましょう。

2.ストレス・余分なものを溜めない

アンチエイジングのためにはストレスケアも忘れないこと。どんなに食事や運動に気をつけていても、余分なものを溜め込んでしまったら効果は半減…。自分なりのストレス解消法、リラックスの方法をちゃんと知っておきましょう。ストレス社会と言われる現代では、若さや美しさのためには心の健康作りが一番かもしれません。

3.自分と向き合う・必要なものだけ取り入れる

アンチエイジングに敏感になりすぎないことも大切です。世間にあふれる情報に振り回されず、今の自分をちゃんと見てあげましょう。自分と向き合うことで、あれもこれも…ではなく、今の自分にとって足りないもの、本当に必要なものが見えてくるはず。シンプルでありながら健康的な生活が送れるようになりますよ。

4.外見だけでなく身体の内側をキレイにする

見た目の若さや美しさはもちろんですが、アンチエイジングを目指すなら、見えない部分のキレイを保つことも忘れないで!身体は正直です。内臓に負担をかけない健康的な食生活、身体を冷やさないための温活、巡りを良くするためのセルフケアなど、内側へ向ける意識を大切にしてあげましょう。これから先の5年10年で差が出てきますよ!

5.ストレスのないお付き合い・繋がりを大切にする

人はひとりでは生きていけないもの。誰かとの繋がりがあるからこそ、笑顔のある人生となり、互いに刺激し合いながら、メリハリのある充実した日々が送れるのです。歳を重ねても素敵な人は、ストレスのない人づきあいが上手です。年齢を重ねれば重ねるほど繋がりを大切に、感謝も忘れてはいけません。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する