お金をかけずともセルフケアはできる!自分を労うおうち時間の過ごし方

Photo by Andrew Ly on Unsplash

お金をかけずともセルフケアはできる!自分を労うおうち時間の過ごし方

日々刻々と変わる世界情勢や仕事、人間関係など忙しい現代社会を生きる私たちが切っても切り離せないのがストレス。現代では「私はストレスとは無縁なの」という人の方が珍しいかもしれません。ストレスと上手に付き合っていく簡単な手段として、自分をケアする「セルフケア」の時間を持つことをおすすめします。今回は、お金をかけないでもできるおすすめのセルフケア方法をご紹介します。

1. おうちヨガ

yoga
Photo by Zen Bear Yoga on Unsplash

身体を動かすことがストレス解消になるというのは周知の事実。適度な汗をかくことで頭も心も身体もスッキリして、ストレス発散や集中力に繋がります。短時間でできる自宅でのエクササイズは、忙しい人でも続けられるため特におすすめ。中でもヨガは必要な道具が少ないため始めやすいですよね。

おうちヨガでおすすめなのが「オンラインフィットネス」を利用したヨガ。筆者のおすすめは、「Daily Yoga (デイリー・ヨガ)」。一日5分からヨガのプラクティスや瞑想プログラムが取り揃えられており、朝起きた時、夜寝る前、お昼休憩の時などスキマ時間を使ってヨガを日課にすることができます。リマインダー機能もあるため練習を忘れることもありません。5分程度の短いプログラムであれば無料メンバーでも充分な点もおすすめポイント。

2. シエスタ

siesta
Photo by Alex Plesovskich on Unsplash

南ヨーロッパの昼食後の昼寝の習慣「シエスタ」と呼びます。目安時間は13時から16時の間。この時間は会社員の人も自宅に一度戻って休憩する人も多くいます。以前、筆者が旅行で訪れたギリシャもシエスタの文化が根付いている地。お昼ごはん後の町中はギリシャコーヒーを飲みながら楽しくおしゃべりする人々や、木陰でうたた寝している人などがたくさんいました。

シエスタが、仕事の生産性や効率性を上げるのに有効だとするデータも多くあることから、NikeやGoogleなど世界的な有名企業がシエスタ制度を導入をしているんですよ。女性は特に月経周期の影響もあり、どうしても眠い日などもありますよね。そんな時は、無理せずに「お休み」することもセルフケアです。

ヨガニドラー

とは言え、「何時間も昼寝することは仕事の合間にできない」、「夜眠れなくなりそう…」など考える方もいるかもしれません。

筆者のおすすめのシエスタ方法は「ヨガニドラー」を実践すること。ヨガニドラーは「眠りのヨガ」とも呼ばれる10分間の実践で1時間分の睡眠効果を期待できる瞑想方法です。うとうと眠りと覚醒の間で、意識的にリラクゼーションを深めていきます。

  1. 「準備」: シャバアーサナの姿勢になる。
  2. 「リラクゼーション」:身体を意識的に力ませた後、一気にゆるめてくつろがせる。
  3. 「サンカルパ」:自分の習慣を変えるポジティブな決意を決めて3回唱える。
  4. 「ボディスキャン」:指示に従いながら、身体の各部位に意識を向ける。
  5. 「呼吸」:呼吸を観察し、リズムを整える。
  6. 「イメージング」:美しい景色など視覚的にイメージを描く。
  7. 「サンカルパ」:短く肯定的な大願を3回、自分の心の奥深くに投げかける。
  8. 「瞑想」:心地よい感覚を心身に染み込ませる。
  9. 「目覚める」ゆっくりと起き上がる。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

yoga
siesta
trampoline
jounal
neatroom
familytime
baking
degitaldetox
movienight
お金をかけずともセルフケアはできる!自分を労うおうち時間の過ごし方
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する