40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法

photo by Sayaka Ono

40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法

女性の30代後半~40代は更年期への移行期。心身の揺らぎケアとしておすすめなのが、自律神経にも通じる「陰陽のバランスを整えるメソッド」です。心身が興奮・緊張状態のときは「陰のポーズ」で鎮静し、心身がダウンしているときは「陽のポーズ」で活力をアップします。ポーズ前後の心身をじっくり観察し、変化を感じてみましょう。今回のテーマは、過緊張による「肩こり」です。

「肩こり」は脚を力強く使い、上半身に上がった気を落とす

頭ばかりを使う日常では、全身の気が上半身に上がりっぱなしになり、肩も過緊張が続きます。肩こりは肩にアプローチするより、下半身の土台をしっかり安定させるポーズで上がった気を下に落とし、上下のアンバランスを整えるのが効果的。意識が下半身に向くことで自然と肩の力が抜けます。

STEP1:ポーズ前に3つの方法で自分の体を観察

1.肘で円を描いて「肩の回しやすさ」をチェック

両手を肩に添えて肘で円を描くように回して。ポーズ後のほうが大きく回せて肩も軽いはず!

40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
photo by Sayaka Ono

2.上を向いて「首の可動域」をチェック

上に向く動きを確認。ポーズ後は首肩がほぐれ、首の可動域が広がり後ろに倒しやすく。

40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
photo by Sayaka Ono

3.シャヴァーサナ

ポーズの前に約1分シャヴァーサナ。肩のこわばった感覚などを感じてみて。

40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
photo by Sayaka Ono

STEP2:「ウトゥカターサナ」で意識を下半身に向かせ、肩の力を抜く

やり方
1.両脚を揃えて立ち、両手を腰に添える。下腹部に力を入れて凹ませ、肛門も締めておく。

40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
photo by Sayaka Ono

2.そのまま椅子に腰掛けるようにお尻を斜め後ろに引き、下腹部と脚全体の力を使い30秒キープ。

40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
photo by Sayaka Ono

STEP3:ポーズ前と体の状態を比べてみる

ポーズの後に約1分シャヴァーサナ。肩のこわばった感覚などの変化を感じてみて。また「肩の回しやすさ」「首の可動域」もチェック!

教えてくれたのは…鈴木伸枝先生
ヨガインストラクター。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオRelease Space主宰。レッスンでは「自己調整力を引き出すヨガ」を伝えている。

photos by Sayaka Ono
text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
40代の肩こり対策に|「陰のポーズ」でエネルギーを鎮静させる方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する