女性ホルモンは増えるの?医師に聞くホルモンに関する5つの疑問

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

女性ホルモンは増えるの?医師に聞くホルモンに関する5つの疑問

女性は年代やライフステージによって、心身の揺らぎにも変化があります。その要因のひとつ、女性ホルモンの変動と、今の自分に必要な対策を知って、不調に負けない心と体を手に入れて!ホルモンバランスの仕組みを医学博士の高尾美穂先生に伺いました。

1.女性ホルモンの仕組みとは?

女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、卵巣の寿命は約40年。30代後半から分泌量が緩やかに低下し、閉経を迎えます。1カ月のサイクルで見ても、また一生のうちにもホルモン分泌量が大きく変動します。

ピーク期(20代~35歳)

女性ホルモンの分泌量がピークになり、特に排卵前後から生理前にかけてはエストロゲン分泌の波が激しくアップダウン。

移行期(30代後半~40代)

エストロゲンの分泌量は35歳前後を境に緩やかに下降していき、閉経までのこの年代は更年期への移行期間。

更年期(50歳以降)

エストロゲン分泌が激減し、閉経を迎えると卵巣の機能が終了。尿漏れ、骨盤臓器脱、骨粗しょう症のトラブルに注意。それぞれの時期に現れる不調を緩和するためのヨガを次回から紹介。自分の体をよく観察することも習慣に!

女性ホルモンは増えるの?医師に聞くホルモンに関する5つの疑問
illustration by Misako Nakagawa

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
model by Sofi
illustrations by Misako Nakagawa
text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

女性ホルモンは増えるの?医師に聞くホルモンに関する5つの疑問
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する