移動中に肩・腰・背中をほぐす!椅子に座って行う5つのヨガポーズ

Christopher Dougherty

移動中に肩・腰・背中をほぐす!椅子に座って行う5つのヨガポーズ

空の旅はストレスに満ちている。休暇や出張で飛行機に乗るのが憂鬱だと思う人もいるだろう。この企画では、空港や機内の座席で、そしてフライト後に行える3つの短いシークエンスを紹介する。神経を静め、こわばりをほぐし、グラウンディングの感覚をもたらしてくれるだろう。第2回は、機内の狭い座席で行う5つのポーズ。

機内の狭い座席で行う5つのポーズ

次回のフライトではぜひこのヨガを実践してみよう(中央の狭い座席でも大丈夫)。

1.マルジャリャーサナ&ビティラーサナ(猫と牛のポーズのバリエーション)

狭い空間でスペースを見つけるのにいちばん良い方法は、呼吸をすることだ。呼吸に動作を加えると、特に神経系が静まる。この座位の猫と牛のポーズの応用は、背骨と肩を開いて呼吸を促し、ストレス反応を和らげてくれる。

行い方:
上腕を耳の横に揃えて、肘を曲げ、頭の後ろで手を組む。上腕の外側から耳を挟むようにしながら、背中上部の筋肉に意識を向ける。両足を床につけて腰幅に開いたら、息を吸って背骨を反らせ、尾骨を後ろに押しながら胸を引き上げる(後頭部においている手を使って首をやさしく伸ばす)。息を吐きながら背骨を丸め、肘を膝に近づける。この動作を10回、あるいはフライトの間必要なだけ繰り返す。

飛行機旅のストレスを減らすヨガポーズ②
photo by Christopher Dougherty

2.アルダマッツェーンドラーサナ(半分の魚の王のポーズのバリエーション)

じっと動かずに長時間座っていると、背骨が圧縮されてしまう。体をねじる動作で血流を促し、スペースを生み出そう。

行い方:
両足を床につけて腰幅に開く。左の前腕をアームレスト(または太腿)にのせ、右手を左腿の外側につける。息を吸いながら背骨を伸ばし、吐く息で右手で左腿の外側を押しながら体をねじる。可能なかぎりねじったところで10~15回呼吸。最後の吐く息で中央に戻り、反対側でも行う。

飛行機旅のストレスを減らすヨガポーズ②
photo by Christopher Dougherty

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

sequence by Sarah Ezrin
photos by Christopher Dougherty
illustrations by Misako Nakagawa
hair&make-up by Beth Walker
translation by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

飛行機旅のストレスを減らすヨガポーズ②
飛行機旅のストレスを減らすヨガポーズ②
飛行機旅のストレスを減らすヨガポーズ②
飛行機旅のストレスを減らすヨガポーズ②
飛行機旅のストレスを減らすヨガポーズ②
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する