今更聞きにくい?!ヨガレッスンで大切にしたい3つのこと

Photo by Mark Zamora on Unsplash

今更聞きにくい?!ヨガレッスンで大切にしたい3つのこと

ヨガを始めてレッスンに取り組んでいる中で、インストラクターから呼吸やポーズに意識をしてくださいと言われますよね。しかし先生によって違う指示があると一体どうしていいのかと混乱してしまう事もあるかもしれません。分かっているつもりでいまいち分からない、ヨガレッスンで大切にしたいこととは何なのでしょうか。

1.自分の内側を観察するクセをつけよう

ヨガレッスンで特に大切にしていきたいことは、ご自身の内側を観察してあげることです。内側を観察すると聞くと少し難しそう、よく分からないと感じるかもしれませんがシンプルに考えていきましょう。今日の自分の体調はどうかな?呼吸はどんなペースかな?いつもより体が疲れているかもなど、ご自身で健康チェックをする様なイメージで見てあげます。そうしてあげることで普段は周りに対して向いている意識が、ご自身に向いていくでしょう。これが自分の内側を観察するということになります。日常生活ではどうしても意識が外側に向きがちになってしまいますが、ヨガの時間だけはご自身を労わってあげる時間としてぜひ内側に意識を向けるクセをつけてあげましょう。

2.その日の呼吸に意識を向けてみよう

自分の内側を観察出来る様になってくると呼吸に意識が向きやすくなっていきます。実は私たちの呼吸は毎日変化しています。日によって浅い呼吸の時もあれば深い呼吸の時もあります。またその時の気分によっても変化しています。リラックスしている時はゆったりと深い呼吸をしているでしょう。反対にイライラしていたり、焦っている時には短く浅い呼吸になっています。長く深い呼吸の方がヨガをやる上では好ましいですが、無理してそうする必要はありません。その時の自分がどんな状況なのかを知ってあげることが大切です。もしイライラや焦っている様な時は、レッスン最初の呼吸を整える時にいつも以上に丁寧にやってあげると良いでしょう。そして1つ1つのポーズもいつもよりゆっくり丁寧に行うことで、レッスンが終わる頃には長く深い呼吸に変わっていきます。この変化をぜひ楽しんでみて下さい。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する