反り腰を招く股関節の硬さを解消!長友選手トレーナー直伝のアスリート式不調解決法

Getty Images

反り腰を招く股関節の硬さを解消!長友選手トレーナー直伝のアスリート式不調解決法

長友佑都選手をはじめ、トップアスリートから一般の方まですべての人に「本物」のトレーニングを届けるフィジカルトレーナー、竹口正範先生による不調解決メソッド。この企画では、ストレッチ×トレーニングを2ステップで実践し、体の弱点を効率的に強化します。眠っていた体の持つ潜在能力に気付き、不調知らずの強い体を手に入れましょう!今回は反り腰の原因となる股関節の硬さを改善するワークです。

腰痛原因の反り腰を引き起こす股関節の硬さを改善

アスリートの姿勢を見ると、反り腰でお尻が突き出ている選手が少なくありません。サーカー日本代表の長友佑都選手も例外ではなく、トレーニングを受ける前は完全な反り腰でした。腰が反っていると痛みにつながるだけでなく、体幹やお尻の筋肉など体の主要な筋肉が上手く機能せずスポーツパフォーマンスが著しく低下。反り腰はアスリートにとって致命的な欠点と言えます。

一般の人も反り腰が原因で腰痛になるケースは多く、神経や血管が圧迫されて脊柱管狭窄症を発症する危険も。ボディラインの崩れにもつながるので改善ワークを実践しましょう。

今回ご紹介するのは、「三日月のポーズ」と「レッグロックブリッジ」の2種類。どちらも反り腰だと硬くなる股関節の可動域を広げ姿勢を改善するワークです。「レッグロックブリッジ」は、股関節の可動域を意識的にコントロールできる体を目指します。(竹口正範先生)

STEP1:三日月のポーズ

目的と効果

リラックスした状態で股関節の可動域を広げる。

やり方

1.膝立ちから右脚を前に踏み出し、膝の下に足をセットする。左足の甲はマットにつけておく。

アスリート式不調解決メソッド|腰痛①
Photo by Shoko Matsuhashi

2.両手を天井へ伸ばし目線は指先へ。5呼吸キープし反対側も同様に行う。

アスリート式不調解決メソッド|腰痛①
Photo by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント:お腹ではなく脚の付け根から上体を伸ばすように意識する。お腹とお尻の筋肉を使えると腰に負担なく行える。

Photo by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アスリート式不調解決メソッド|腰痛①
アスリート式不調解決メソッド|腰痛①
アスリート式不調解決メソッド|腰痛①
アスリート式不調解決メソッド|腰痛①
アスリート式不調解決メソッド|腰痛①
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する