硬い体がここまで変わった!編【アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記#32】

本田ゆうすけのインド修行記

硬い体がここまで変わった!編【アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記#32】

本田雄介
本田雄介
2019-12-07

アラフォー体ガチガチのヨガ初心者、本田ゆうすけさんが本場インドでRYT500を取得するまでの波乱万丈!?エピソードをお届けする人気連載。いよいよRYT500も終盤。4か月のインドヨガ生活は、ゆうすけ氏の心と体にどんな変化をもたらしたのでしょうか!?ガチガチだったあの頃と、現在の様子をのぞいてみましょう。隔週土曜更新。

 やっぱり求めちゃう!ヨガポーズ問題

「ヨガはポーズだけじゃない」と言われる理由の一つでもある、ヨガの哲学的な部分。前回前々回とお話したヨーガスートラという文献においても、道徳的な行いや心の安定化といった、ポーズ以外の部分について多く触れられています。そこにはある種スピリチュアルな要素も含まれているため、時に怪しい印象を与えてしまうことも。ただ、科学的にも、瞑想による効果や呼吸の大切さが実証されている近代。必要以上に警戒せず、良い悪いは自身で判断しながら取り入れていければなと思います。

では「ポーズ」の部分はどうか。ホットヨガなどのおかげでヨガが身近になった中、ポーズにとらわれすぎる傾向も確かに見られます。自分の身体の柔軟性・筋力を無視して、インストラクターの先生や、雑誌に載っているポーズを真似することに意識を向けてしまう。ヨガを始める動機は「憧れ」「SNS映え」でも全然よいと思うのですが、それだけで続けていると怪我のリスクが高くなる一方です。

少し乱暴な言い方をすれば、ポーズだけなら体操選手の方がよっぽど難易度の高いことをしています。ヨガ経験がなくても、バレエ経験者は軽々と開脚できます。見栄えの良さだけ気にしてたら、キリがありません。何十年もヨガを教えている先生のクラスでも事故は起こりますし、先生本人が怪我をすることだって珍しくないのです。ヨガのポーズ=アーサナには、様々な効果を期待できる一方で、危険性があることも知っておきたいところです。

 

…………と・は・い・え!!!!!!

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【硬い体がここまで変わった!編#31】
アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【硬い体がここまで変わった!編#31】
アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【硬い体がここまで変わった!編#31】
アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【硬い体がここまで変わった!編#31】
アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【硬い体がここまで変わった!編#31】
アラフォーヨガ初心者!本田ゆうすけのインド修行記【硬い体がここまで変わった!編#31】
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する