お腹の柔軟性を高める「おへそ呼吸」と効果を高める2つの方法

Sayaka Ono

お腹の柔軟性を高める「おへそ呼吸」と効果を高める2つの方法

硬さは心にも原因が!? 体は脳が持つイメージの影響を受けやすく、ネガティブなイメージを持つと強張ってしまいます。ご紹介するメソッド「イメージ呼吸法」は、ポジティブなイメージを持つことで体を思い描く方向へ導き、さらに呼吸を組み合わせて効果を高めるというもの。今回はお腹が硬いイメージを取り除く2つの方法!

「おへそで呼吸するイメージ」で硬いお腹が柔らかく

安楽座でおへそを通って空気が行き来する感じをイメージ。おへそからお腹に空気を入れ、おへそから硬さも吐き出す。お腹のふくらみやへこみは意識しない。(5呼吸)

お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

イメージを高める方法①:お腹においた手を起点に呼吸する

意識を向けやすくするために仰向けになり、両手をお腹におく。手をおいたところから息を吸い込み、その硬さがお腹から抜けるイメージで息を吐き出します。(5呼吸)

お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

イメージを高める方法②:お腹にストレッチを利かせ感覚を敏感に

おへそで呼吸するの硬さには…四つん這いになり背中をしならせ、お腹を伸ばしてカウポーズへ。伸びている感覚があるとお腹を意識しやすく、その状態でお腹から吸って吐き切る感覚をつかんで。(5呼吸)

お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

「おへそで呼吸するイメージ」で上達するヨガポーズ3つ

アルダマッツェーンドラーサナ

お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

パリガーサナ

お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

猫のねじりのポーズ

お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
Photo by Sayaka Ono

教えてくれたのは...鈴木伸枝先生
ヨガインストラクター。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオRelease Space主宰。レッスンでは自分で心身をベストコンディションに導く「自己調整力を引き出すヨガ」を伝えている。指導者養成講師、イベント出演など多方面で活躍。

Photos by Sayaka Ono
Illustrations by Nanayo Suzuki
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
お腹の柔軟性を高める「呼吸法」と効果を高める2つの方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する