代謝を高める「良質な筋肉」の育て方|硬くてもできる50歳からのヨガ

Kenji Yamada

代謝を高める「良質な筋肉」の育て方|硬くてもできる50歳からのヨガ

ヨガを始める方に、40~50代の方が多いのをご存知ですか?「硬いから…」「運動をしてこなかったから…」という方も簡単にできるヨガポーズを、大手ヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」でエグゼクティブ講師を務めるキミ先生が教えてくれます。ヨガで太りにくい体質を手に入れて、自信に満ちた毎日を過ごしませんか?

筋肉の緊張をゆるめて柔軟性UP!質のいい筋肉に育てる

基礎代謝を上げるには筋肉を鍛えることが大切ですが、鍛えた筋肉を質のいい状態に育てるには、ゆるめことも重要なポイント。日常生活では、バスタイムを有効活用するのがおすすめです。湯船に浸かり、体を温めることで筋肉の緊張がゆるみ、柔軟性がアップ。また、お湯にバスソルトなど、塩を入れるのも◎。ナトリウム成分が筋肉の状態を整えてくれるので、私はいつも180ccの塩を入れて入浴しています。

今回は、日常的に使われることが多い下半身の筋肉をゆるめるストレッチ効果の高いポーズをご紹介。ポーズ後、シャバーサナを行うと、より筋肉が休まります。(キミ先生)

Photos by Kenji Yamada
Text by Minako Noguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

 硬くてもできる50歳からのヨガ #代謝を高める「質の良い筋肉」の作り方
 硬くてもできる50歳からのヨガ #代謝を高める「質の良い筋肉」の作り方
硬くてもできる50歳からのヨガ #代謝を高める「質の良い筋肉」の作り方
 硬くてもできる50歳からのヨガ #代謝を高める「質の良い筋肉」の作り方
硬くてもできる50歳からのヨガ #代謝を高める「質の良い筋肉」の作り方
硬くてもできる50歳からのヨガ #代謝を高める「質の良い筋肉」の作り方
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する