同じヨガを続ける?違うヨガにも挑戦する?それぞれのメリットと楽しみ方は

Getty Images

同じヨガを続ける?違うヨガにも挑戦する?それぞれのメリットと楽しみ方は

須藤玲子
須藤玲子
2019-09-10

違うヨガに挑戦するメリット

毎回ではなくても、たまに違うヨガをすることで得られるメリットもあります。いつもと違うクラスに出るのは不安…と思う人もいるかもしれませんが、違うジャンルのヨガや毎回違うポーズを取り入れるクラスに出てみるのもいい経験になりますよ!

1.新鮮な発見がある

同じヨガを続けている人も、異なる動きを取り入れることで、今まで気づかなかったことに気づくことがあります。別の角度から今までやってきたことを見直すことができるのです。この気づきは同じことを繰り返すことでは得らえないもの。自分の癖や、強みなど、新たな発見があるかもしれません。同じポーズでも入り方によって感覚の違いがあると気づくのもまた、新鮮な発見ですね。

2.可能性が広がる

同じ内容のヨガに慣れ過ぎてしまうと、逆に集中力が落ち、変化や本来の効果を感じられなくなることもあります。そんな時はいつもとは違うクラスに出てみることをおすすめします。今までとは違うヨガをやってみると、自分にはできないと思い込んでいたポーズができたり、初めてのポーズにチャレンジすることで集中力が増し、結果的にステップアップできたり、予想外のいろいろな可能性が広がるのではないでしょうか?

3.飽きずに楽しめる

せっかくいろいろなバリエーションのヨガがあるのですから、初めてのクラスでも、不安がらずに積極的に楽しんでみましょう。新鮮さは、脳にも心にもいい刺激を与えてくれます。ちょっとしたスパイスがいつもの料理の味を変えるように、その刺激は、今後のモチベーションアップにつながります。飽きることなくヨガを長く楽しむためにも、ぜひたくさんの経験を!

決めつけずに楽しもう

ヨガに限らず、誰にでも毎日のちょっとした決まり事があるはず。同じ時間に起きて、一連の同じ行動をして、仕事に向かう人は多いことでしょう。一定の形式で動くことは、物事が効率的に進んでいくというメリットがありますが、たまには遊び心も必要です。なぜなら同じことを長く続けていくことは、意外と難しいことだから。ちょっとした変化が長続きのコツでもあるのです。また、毎回決まった内容のヨガを続けると飽きてしまうという人は、様々な経験をすることで得られる気づきを大切に、改めて同じことを続けるメリットにも目を向けてみましょう。どちらにしてもあまり決めつけないことが大切です。ヨガの楽しみ方に正解も不正解もないのですから。

ライター/須藤玲子
2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTTリストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

  • 2
  • /
  • 2

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する