あなたに合った朝のプラクティスを作る方法

YJ US

あなたに合った朝のプラクティスを作る方法

Live Be Yogaアンバサダーのローレン・コーエンとブランドン・スプラットは全国横断のロードトリップ中で、マスターティーチャーと共に無料のローカルクラスなどを開催しています。これらの活動は、今日のヨガコミュニティに活力を吹き込み、話題となっています。今回はローレンが、旅するように暮らしていてもパーソナル・プラクティスを実践し続けられるヒントを教えてくれました。

朝、自分自身と向き合うプラクティスを

Live Be Yogaのアンバサダーとしての全米ツアーは大変目まぐるしく、喜びから疲労、さらにそれらを超越する感情など様々な思いに満ちていました。

ブランドンと私は、全国をドライブし、毎週新しい都市に到着し、旅するように暮らしているので、新しい場所を訪れてもまるで自宅にいるような感覚を作り出すためにできる限りのことをしています。このようにしてリズムを作り出し、旅の最中も自分自身をグラウンディングするために個人に合ったプラクティスを行う必要があります。私は自分の性格そして望ましくない状況に対して、時折過剰反応してしまう性格を常に意識するようにしています。

あなたに合った朝のプラクティスを作る方法
彼女はLive Be Yogaのアンバサダーとして頻繁に旅しており、その経験を通じて毎朝のプラクティスに情報とインスピレーションを得ています

私たちがよく耳にする話題は、ヨガマットを使わずにヨガをするというアイディアです。リチャード・フリーマンとメアリー・テイラーと最初に出会ったときに聞いたもので、ツアーの最中もずっと気になっていました。ツアーの参加を決めたとき、これは自分自身そして自分のプラクティスを試す機会になると思いました。プラクティスに真剣に取り組んでこそプラクティスの本領を発揮できる、ということを自覚することが重要です。ヨガ・スートラに紹介されている基本的な教えになりますが、まぎれもなくプラクティスによる恩恵を得るためには、毎日のプラクティスに一貫性を持ち、コミットすることです。

自分のヨガマットは常に自分にとっての避難所です。私は自分のマットを鏡のように時折感じています。つまり、真実の自分を映し出し、自分にとって最も重要なこと、そして自分はここで何をすべきなのかということを教えてくれる存在のように思っています。私は常に自分のプラクティス方法にコミットし続けている一方、心から自分に合ったと思える朝のプラクティスを一貫して毎日のように行うということはしてきませんでした。

大体の場合、先生が提案したことや友人や同僚が何をしているかに影響されて、自分の朝のプラクティスが他人からどう見えるかということを考えてしまいます。このプラクティスで重要なのは例外なく執着しているものを手放すことです。このツアーに着手して以来、私にとって本当に役立つ朝の儀式を見出さなければいけないと感じました。それは、強いられてすることや自分のエゴからやらなければいけないと思って行動に起こすことというよりもむしろ、自分にぴったり感じることや自分を元気付けてくれるものであるべきです。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あなたに合った朝のプラクティスを作る方法
あなたに合った朝のプラクティスを作る方法
あなたに合った朝のプラクティスを作る方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する