下半身の筋肉はヨガブロックで鍛えよう|6つの苦手ポーズを克服する方法

Kenji Yamada

下半身の筋肉はヨガブロックで鍛えよう|6つの苦手ポーズを克服する方法

ヨガポーズで「できない」ことには、下半身の筋力不足やアライメントのミスが原因であるケースが多いもの。ヨガブロックヨガベルトなどのプロップスを使えば、おうちでも正しく、効果的に解決に導く練習ができます。その練習方法を、ヨガインストラクターの乳井真介先生が教えてくれました。

下半身が遅筋になると安定感が格段に上がる

筋肉は鍛え方によって、速筋と遅筋に、その性質が分かれます。速筋は、瞬発的に大きな力を生み出す筋肉で、遅筋は持続的な動きに使われる筋肉。姿勢をキープするヨガでは、筋肉を遅筋に育てることが「ポーズを正しくキープできない」という悩みを解決する秘訣といえます。

特に下半身には、大きな筋肉が集まっているので、そこが遅筋になることでキープ力が格段にアップします。遅筋を育てるコツは、呼吸とともにゆっくり動き、キープ時間を長く保つこと。プロップスを利用すると、体を支えたり負荷を調節したりしやすく、鍛えたい部位に上手にアプローチできます。

1.ヴィーラバッドラーサナⅡで膝を直角にキープできない

前腿にじっくり負荷をかけて前に踏み込む力を高める
前腿の筋肉が弱く、踏み込みが足りないのが原因。ブロックを使って膝を直角に曲げた姿勢をつくり、前腿をしっかり使いながら姿勢を保つことで強化します。

下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
photo by Kenji Yamada

前腿の筋肉が弱い場合
踏み込みが足りず、膝が直角に曲がっていない。

下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
photo by Kenji Yamada

HOW TO
脚を左右に大きく開き、右足を90度外に向け、右足の後ろにブロックを置く。右膝を直角に曲げ、膝と右足の人差し指の向きを揃えて踏み込む。右手をブロック、左手を腰にあて、目線を上に向けて5呼吸キープ。反対側も。

POINT:踏み込む

下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
photo by Kenji Yamada

後ろから見ると

下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
photo by Kenji Yamada

Photos by Kenji Yamada
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.64掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
下半身の筋肉はヨガブロックで育てよう|6つの苦手ポーズを克服する方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する