科学的に検証!ヨガがアスリートにもたらす効果とは?

Yoga HAWAII Magazine

科学的に検証!ヨガがアスリートにもたらす効果とは?

ハワイのヨガマガジン「Yoga HAWAII Magazine」人気記事をヨガジャーナルオンラインが独占配信! 今回は、「ヨガとアスリートたち」をテーマに、ヨガがもたらす効果を科学的な観点からお届けします。

ヨガとアスリートたち

長期にわたって定期的にヨガの練習をしている人は暑さや痛みへの耐性が高くなる傾向にあるため、ハードなワークアウトが要求されるアスリートたちにとっても有益だろう。

ヴェーダ文献によるとヨガの起源は紀元前2500年前頃とされ、厳しい精神修養と内省に必要な身体的な健康とリラクゼーションを得るための行法として東洋で発展した。1940年代後半になると、ヨガの練習による身体的、心理的効果を経験した旅行者たちによって西洋でもヨガが広まった。西洋で普及したヨガ(アシュタンガアイアンガー、ビクラム、ヴィンヤサ)の多くはハタヨガから派生した流派で、プラーナヤーマ(呼吸法)、アーサナ(ポーズ)、チャンディ(瞑想)を主に実践しながら身体的な健康を目指すものだ。

西洋でのヨガ人気が増すにつれ、アスリートたちは、ヨガには強さ、バランス、柔軟性、リラクゼーションをもたらす効果があることに気づき始めた。今ではフットボール、バスケットボール、野球のプロ選手たちが、ヨガのおかげでどれだけプレイに変化が起きたかを語るのも珍しくなくなっている。ハワイではウォータースポーツの男女のプロ選手たちが、パフォーマンス向上のために盛んにヨガを勧めている。ニカラグアのナショナルチャンピオン3回とビッグウェイブチャンピオンに輝き、マウイのピアヒ(ジョーズ)のビッグウェイブにのるマウイ在住のサーファー、ローク・カルデロンは、ヨガがあったからサーファーとして成功できたと感じている。週に4回ヨガを練習する彼は、ヨガを始めてから心理的、身体的パフォーマンスが劇的にアップしたという。

「ヨガは僕の人生には欠かせないものだ」とカルデロンは言う。「一日中ポジティブでいられるし、身体もリラックスする。サーファーにとって、それはとても大事なことなんだ。ボードの上でのバランスも良くなったよ。特に着水やエアーの時にね。アスリートとして自分の限界を広げることにも役立っている。アスリートなら絶対にヨガをやるべきだ。パフォーマンスだけでなくライフスタイルも良くなるからね」

あなたがアスリートなら、既に友人たちからヨガを勧められているかもしれない。だがフルタイムの仕事と家庭と闘争心を保つためのトレーニングをこなすだけでも手一杯なのに、さらにヨガを加えることに価値はあるのか?と思うだろう。ここで、ヨガを人生に取り入れるべき科学的な根拠を4つ挙げよう。

by Megan Edgar
translation by Sachiko Matsunami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガハワイマガジン ヨガとアスリートたち
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する