空港の空きスペースでできる!フライト前の不安感やイライラを和らげる5つのポーズ

YJ US

空港の空きスペースでできる!フライト前の不安感やイライラを和らげる5つのポーズ

フライト前に不安感やイライラを感じることはありませんか? 搭乗ゲート側の空きスペースを見つけてこれらのポーズを試してみて下さい。

皆さんはヨギとして、プラクティスを通じて自分自身の恐れについて知ることも多いでしょう。初めて頭立ちのポーズや下向きの木のポーズで上下逆さまになったり、ティーチャーに指示されて不快になるくらい長時間椅子のポーズをとったりした頃のことを思い出してみてください。

皆さんにとって良い知らせがあります。マットの上で恐れに向き合っておくと、マットにいるとき以外に恐れに直面した際に焦らずに済むのです。自分の神経の働きについて知ることで、搭乗前のゲートそばであっても、飛行中の座席でも、着陸前でも、どんな場所でも安心して心地よく居られる席を見つけることができるのです。

これからご紹介する5つのポーズのシークエンスでフライト前の不安な神経エネルギーを和らげましょう。

スカーサナ(安楽座)

フライトの前に気分が落ち着くのはとても良いことです。もし不安感があるとしたら、あなたは今という時間に存在しないこと同じです。つまり、今起こっていることではなく、これから起こるであろうことを恐れているという状態なのです。フライト前にこのシンプルな座位のポーズを実践することで、今という時間にグラウンディング(地に足をつける)できるのです。また、心穏やかで安心した気持ちになりたい時はいつでもこのポーズを試してください。

HOW TO

座り姿勢から始めます。右のすねが左のすねの前になるよう足を交差させて下さい。足首をしっかり曲げ、膝を足の上に置きます。(窮屈な場所に座っていて、膝を広く置くことができない場合は、単純にすねを交差させて下さい)手のひらを太ももの上に置きます。その手の重さでグラウンディングの感覚を研ぎ澄まし、腕の重さが肩や首回りの緊張をほぐしてくれます。胸を引き上げ、深呼吸し、目を閉じてしっかりと根付いている感覚に意識を集中させます。自分自身に向けて静かに10回「私は安全である」とマントラを唱えましょう、そして足を入れ替えてもう一度繰り返して下さい。

スカーサナ
Photo by YJ US

By Sarah Ezrin
Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

スカーサナ
ウッティタ・パールシュヴァコナーサナ
ヴルクシャーサナ
アンジャネーヤアーサナ
ターダーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する