アシュタンガヨガの疑問「プライマリーシリーズって何?」人気ヨガ講師が回答

photo by Kenji Yamada

アシュタンガヨガの疑問「プライマリーシリーズって何?」人気ヨガ講師が回答

ヨガ人気の高まりとともに、ますます注目を集めるアシュタンガヨガ。ヨガジャーナルでの調査でも「いつかトライしたいヨガ」としてアシュタンガヨガを挙げる人が多数!今回は、アシュタンガヨガのプライマリーシリーズについて、日本を代表するヨガ指導者のケン・ハラクマ先生と人気ヨガティーチャーの芥川舞子先生に教わりました。

プライマリーシリーズとは「まず繰り返し練習するシークエンス」

アシュタンガアーサナは6段階あり、そのうち最も重要なのが初級のプライマリーシリーズ。身体の浄化が目的とされ、決められたシークエンスを繰り返し行うことで練習が深まり、意識もクリアになります。身体能力の高い人は上のシリーズも目指せますが、通常は2ndくらいまでで十分。むしろアーサナがある程度完成されれば、プラーナヤーマ(呼吸法)の実践に移行することが必要になります」(ケン先生)

プライマリーシリーズで行うポーズの流れ

太陽礼拝A

②太陽礼拝B

③スタンディング(立位)ポーズ

1
photo by Kenji Yamada

 

④シッティング(座位)ポーズ

2
photo by Kenji Yamada

※ハーフプライマリー(まずは途中のナーヴァーサナまでをひと区切りに練習)

⑤フィニッシングポーズ

3
photo by Kenji Yamada

各シリーズの仕上げに必ず行うシークエンス。逆転の連続ポーズでエネルギーが全身へと行き渡る。

シャヴァーサナ

プライマリーシリーズができるようになったら次のシリーズへ

習熟度に応じて次のシリーズへ。必ず太陽礼拝からスタートする。

①インターミディエート(2nd)シリーズ

座位~後屈のポーズが多く登場。背骨を通るエネルギー経路を開き、神経組織を浄化するとされる。

4
photo by Kenji Yamada

 

②アドバンス(3rd)シリーズA

ここからアドバンスシリーズ。高難度のアーサナで、さらなる力強さや柔軟性、謙虚さを養う。

5
photo by Kenji Yamada

4th 5th 6thシリーズ と続きます。

教えてくれたのは…

ケン・ハラクマ先生
インターナショナルヨガセンター(IYC)&アシュタンガヨガジャパン主宰。日本ヨガ界の第一人者として国内外で精力的に指導&普及活動を行う。『ヨガ・マーラ』(産調出版)ほか監修書、著書やDVDも多数。

芥川舞子先生
ヨガティーチャー、モデル。少人数メンバーシップ制で行う、HRIDAYA YOGA SCHOOL主宰。19歳でヨガと出会い、ヨガ指導者に。メディアへの出演のほか、大型ヨガイベントやセミナーのメイン講師としても活躍。

Photos by Kenji Yamada
Illustrations by Nana Suzuki
Edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.54掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
3
4
5
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する