アシュタンガヨガの太陽礼拝AとBの違いとは?全ポーズを確認しよう

photo by Kenji Yamada

アシュタンガヨガの太陽礼拝AとBの違いとは?全ポーズを確認しよう

ヨガ人気の高まりとともに、ますます注目を集めるアシュタンガヨガ。ヨガジャーナルでの調査でも「いつかトライしたいヨガ」としてアシュタンガヨガを挙げる人が多数!今回は、アシュタンガヨガ太陽礼拝2つの違いと意味について、日本を代表するヨガ指導者のケン・ハラクマ先生と、人気ヨガティーチャーの芥川舞子先生に教わりました。

アシュタンガの太陽礼拝について

ウォーミングアップにAとBの2種類を実行

正式名称「アシュタンガヴィンヤサシステム」が示すとおり、アシュタンガはもともとヴィンヤサとしての太陽礼拝をベースに、その間でポーズを行う練習法です。一般的にはシークエンスの冒頭に行うウォーミングアップを太陽礼拝と呼び、これ以外の準備運動をしてはいけません。「太陽礼拝A」では前後屈で背骨を伸ばして柔軟に。続く「太陽礼拝B」は腰のねじりや前後開脚が加わり、負荷もだんだん大きくなります。(ケン先生)
時間がないときは、太陽礼拝ABとフィニッシングポーズだけを練習することも。トータル約20分、少しでも継続するための工夫です。(芥川先生)

太陽礼拝A 

HOW TO

サマスティティヒ(山のポーズ/直立姿勢)で始まり、最後も同じ姿勢に。5回繰り返す。

①吸う

1
photo by Kenji Yamada

②吐く

2
photo by Kenji Yamada

③吸う

3
photo by Kenji Yamada

④吐く

4
photo by Kenji Yamada

⑤吸う

5
photo by Kenji Yamada

⑥吐く

6
photo by Kenji Yamada

⑦吸う

7
photo by Kenji Yamada

⑧吐く

8
photo by Kenji Yamada

⑨吸う

9
photo by Kenji Yamada

Photos by Kenji Yamada
Illustrations by Nana Suzuki
Edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.54掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
2
3
4
5
6
7
8
9
2-1
2-2
2-3
2-4
2-5
2-6
2-7
2-8
2-9
2-10
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する