人気ティーチャーの毎日ヨガと暮らし方|鈴木伸枝先生の場合

Shoko Matsuhashi

人気ティーチャーの毎日ヨガと暮らし方|鈴木伸枝先生の場合

アーサナが美しかったり、ヨガ哲学への造詣が深かったり、ティーチングとともにその人柄も多くの人を惹きつける、人気ティーチャーたち。そんな彼らのヨガを育む、毎日の練習方法と暮らし方に迫ります。今回は、鈴木伸枝先生をご紹介!

鈴木伸枝さんってどんな先生?

ヨガインストラクター。パーソナルヨガスタジオ「ReleaseSpace」主宰。心身をベストコンディションに導く「調整力を引き出すヨガ」を教えている。ヨガインストラクターの育成にも携わり、これまで1000名以上を輩出。

「生活そのものがヨガ。生命が喜ぶ暮らしを心掛けています」

2018年、長年担当していたレギュラークラスを一気に手放したという伸枝先生にとって「今は自分の学びを深める期間」。自宅での練習は1年前から学び始めたマントラを唱えることから始まります。「そのあと足をほぐしてハーフナマスカーラ、余裕があれば太陽礼拝や立位のポーズをします。最近は夕方、近所の土手に出かけて練習することも。自然に触れると体も軽くなるんです」
マットの上で練習する時間だけがヨガではなく、生活そのものをヨガだと捉えていると伸枝先生。「食事、睡眠、思考など日々の生活で行っているあらゆることを通して、どうすれば自分の生命が喜ぶのか、観察しながら過ごすように心掛けています」

Photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION) Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Yasuko Ito Megumi Nishijima Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.61掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

心と体を整えるマントラとヨガ
マントラを唱える
①両脚を揃え、両手
起吸う息で両手を上げ上体を反らす。
吐く息で体を前に倒し、前屈する。
吸う息で上体を伸ばす。視線は前。
吐く息で前屈し、吸ってロールアップ
そのまま両手を上げ上体を反らす。
吐きながら胸の前で合掌をする。
朝起きたら部屋の空気を入れ替えて掃除をし、セージを焚くのが日課。「レッスンの前後にも必ず焚いて場を浄化しています」
パーソナルレッスンでは、カウンセリングから丁寧に行っている。
ヨガのレッスンと、自分の学びの時間のバランスを大切にしている。
オフは自然の多い所に積極的に赴きパワーチャージ。
イベントの出演も多数。写真は「品川ナイトグラスヨガ」。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する