太陽礼拝完全マスター|アルダウッターナーサナからチャトランガダンダーサナへのつなぎ練習法3つ

Kenji Yamada

太陽礼拝完全マスター|アルダウッターナーサナからチャトランガダンダーサナへのつなぎ練習法3つ

呼吸にポーズをあわせ、途切れずに一連の動きを行うことで、必要な筋肉を養えるアシュタンガヨガ。そのためには、アーサナアーサナのつなぎ目を意識することが大切です! アシュタンガヨガの基本「太陽礼拝」で練習してみましょう。教えてくれたのは、人気ヨガインストラクターのHANAE先生!

アルダウッターナーサナからチャトランガダンダーサナへのつなぎをマスターする3つのレッスン

正しいやり方:アルダウッターナーサナからチャトランガダンダーサナへ

脚力でのジャンプではなく、手に重心を移動させることでお腹が引き上がり、体が浮くのが理想。

OK
Photo by Kenji Yamada

OK
Photo by Kenji Yamada

 

OK
Photo by Kenji Yamada

  よくある間違い①

ジャンプをしやすいように手足の位置を微調整する。

ジャンプをしやすいように手足の位置を微調整する。
Photo by Kenji Yamada

よくある間違い②

ジャンプ時、倒立などよけいな動作を入れる。

ジャンプ時、倒立などよけいな動作を入れる。
Photo by Kenji Yamada

よくある間違い③

チャトランガダンダーサナ前にプランクポーズで一度止まる。

チャトランガダンダーサナ前にプランクポーズで一度止まる。
Photo by Kenji Yamada

Photos by Kenji Yamada
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.60掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ジャンプをしやすいように手足の位置を微調整する。
ジャンプ時、倒立などよけいな動作を入れる。
チャトランガダンダーサナ前にプランクポーズで一度止まる。
OK
OK
OK
膝下のあたりでブロックをしっかり挟み、脚の付け根から前屈する。膝は真っすぐ伸ばしてキープ。
全身の体重を手のひらへ移動させながら、“腕に乗る”感覚を養いつつ、両足揃え、ほんの少し膝を曲げて真上にジャンプ。お腹で全身を支えて。
ブロックが落ちたら内転筋がゆるんでいる証拠。太腿を内側へ回転させる意識で。
伸の勢いをつけずにジャンプするために、できるだけ両脚は真っすぐ伸ばす。
屈ジャンプに慣れたら、ブロックを挟んだまま両足を真っすぐ後ろへ引いてチャトランガダンダーサナへ。太腿の力をゆるめないで。これらの動きを10回繰り返す。
胸の前で手のひらを合わせ、指先を下に向ける。手首と手の甲を90度の角度にしてキープ。このとき、肩甲骨の付け根から力が伝わるイメージを持って。
壁から一足分離れて立ち、両手を床に。お腹を引き上げながら両足で壁を登り、お尻と足がほぼ同じ高さになったら5呼吸。3セット行う。
四つん這いの姿勢からお尻を上げてダウンドッグに。坐骨を天井方向へ引き上げる。
お尻の高さを変えないで、手のひらを一歩ずつ足のほうへ歩かせる。手が足へ近づくにつれ、お腹の力が抜けやすいので注意。
手を足に近づけることより、膝を伸ばすことを優先し、できるところまで足に近づけたらそのままキープ。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する