本場スリランカのアーユルヴェーダ解毒プログラム「パンチャカルマ」体験レポート ♯4

NOBUE SUZUKI

本場スリランカのアーユルヴェーダ解毒プログラム「パンチャカルマ」体験レポート ♯4

鈴木伸枝
鈴木伸枝
2019-02-27

本誌『ヨガジャーナル日本版』でもお馴染みの人気ヨガティーチャー鈴木伸枝さんが、スリランカでアーユルヴェーダの解毒プログラム「パンチャカルマ」を体験。スリランカのアーユルヴェーダ事情はもちろん、施術の実体験を通して感じたこと、学んだこと、変化したことをレポートしていただく企画がスタート! アーユルヴェーダに興味がある方、もっと深く知りたい方は必見です。

パンチャカルマプログラム中の食事

こんにちは。鈴木伸枝です。前回のレポート ♯3はスリランカで行われるアーユルヴェーダ治療の特徴や、施設選びのポイントをご紹介しました。今回はパンチャカルマプログラム中の、食事についてレポートをしていきます。

私の滞在した「Jetwing Ayurveda Pavilions」では、ドクターの診断結果をもとに、その人のドーシャ(体質)に合わせた食事が、毎日3食提供されます。アーユルヴェーダは日本では「トリートメント」が有名ですが、実はこの「食」もトリートメント同様、アーユルヴェーダ的ライフスタイルを進める上で、とてもとても大切な要素なのです。

トリートメントメニュー
タイプ別のメニュー

Ayurveda Pavilionsでは6種類のドーシャごとにメニューが決められています。

・Vata- Pitta(ヴァータピッタ)
Pitta- Vata(ピッタヴァータ)
Pitta-Kapha(ピッタカパ)
Kapha- Pitta(カパピッタ)
Kapha- Vata(カパヴァータ)
Vata- Kapha(ヴァータカパ)

この体質別の食事は、薬の作用を高め、代謝を高め、体内のクレンジングを強化するため、アーユルヴェーダ治療の鍵にもなります。お肉やお魚は当然出ません。食材は新鮮なお野菜、果物、穀物、スパイスなど。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

トリートメントメニュー
パパイヤジュースとハーバルティー
朝食
メインディッシュ
デザート
蜂蜜
アーユルヴェーダクッキング
アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する