本場スリランカのアーユルヴェーダ解毒プログラム「パンチャカルマ」体験レポート ♯2

NOBUE SUZUKI

本場スリランカのアーユルヴェーダ解毒プログラム「パンチャカルマ」体験レポート ♯2

鈴木伸枝
鈴木伸枝
2019-01-31

本誌『ヨガジャーナル日本版』でもお馴染みの人気ヨガティーチャー鈴木伸枝さんが、スリランカでアーユルヴェーダの解毒プログラム「パンチャカルマ」を体験。スリランカのアーユルヴェーダ事情はもちろん、施術の実体験を通して感じたこと、学んだこと、変化したことをレポートしていただく企画がスタート! アーユルヴェーダに興味がある方、もっと深く知りたい方は必見です。

こんにちは。鈴木伸枝です。前回のレポート ♯1はスリランカで行われるアーユルヴェーダ治療の特徴や、施設選びのポイントをご紹介しました。今回は、パンチャカルマ初日の様子をお届けします!

パンチャカルマプログラム初日、医師による診断

まずはプログラム内容を決めるために、医師によるコンサルテーション(診断)を受けます。私のコンサルテーションを担当して下さったのは、Dr. デニッシュ・エディリシンハ。Dr. デニッシュの脈診による診断内容は、CTスキャンで検査した時のような詳しさ、そして正確さから、「Dr.CTスキャン」の異名をもつ、アーユルヴェーダの名医です。

パンチャカルマ
診断とトリートメントを行う場所。ドキドキワクワクしながら、診断室へ
Dr. デニッシュ・エディリシンハ
優しい笑顔で迎えて下さる、Dr. デニッシュ

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

パンチャカルマ
脈診
脈診
問診
トリートメント
Dr. デニッシュ・エディリシンハ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する