ヨガと呼吸&瞑想にまつわる4つの疑問

BIGSTOCK

ヨガと呼吸&瞑想にまつわる4つの疑問

ヨガと深い関係にある呼吸、そしてヨガのゴールでもある瞑想について。初心者が抱きやすい疑問を、日本を代表するヨガ指導者の綿本彰先生に答えていただきました。

Q.ヨガの呼吸がわからない時は「部位×出入り口×リズム」の組み合わせを覚えて

ヨガの呼吸は、まずどこを動かして呼吸をするかの部位で3種類に分かれます。そこに、口や鼻、片鼻といった呼吸の出入り口と、吸って吐くリズムを組み合わせたもので呼吸パターンが決まり、流派によっても推奨する呼吸法は異なります。

①部位…動かす「部位」に応じた3つの呼吸法

・胸式呼吸…肋骨を動かす
・腹式呼吸…横隔膜を動かす
・完全呼吸…胸式と腹式、両方使う

②出入り口…呼吸を行うところ

・口呼吸
・鼻呼吸
・片鼻呼吸
・特殊呼吸

③リズム…吸う長さと吐く長さの比率

・自由…自然なリズム
・1:1のリズム…吸う:吐く=1:1
・1:2のリズム…吸う:吐く=1:2

呼吸の代表例

・ヨガのポーズを行いながらする呼吸法の代表は…腹式呼吸×鼻呼吸×自然なリズム
パワーヨガなどのヴィンヤサスタイルの代表的なものは…完全呼吸×鼻呼吸(ウジャイの場合も)× 1対1のリズム

Photos by Shinobu Kamiyama
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya Kaori Watanabe(FIX-UP)
Model by motomi
Text by Ayako Minato Yoriko Kinoshita
yoga Journal日本版Vol.40掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

1
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する