瞑想の落とし穴|不安や混乱に陥らないために知るべきこと

Jeff Nelson

瞑想の落とし穴|不安や混乱に陥らないために知るべきこと

JESSICA DOWNEY
JESSICA DOWNEY
2018-10-18

瞑想は、精神、感情、身体の健康に効く万能薬のように言われることが多い。だが、特に無防備な状態で行うと、辛い記憶やさまざまな不安が掘り起こされて、恐怖や混乱に陥ることもある。瞑想の落とし穴にはまらないためには何を知っておくべきだろうか? ぜひ読み進めてほしい。

数カ月にわたってストーカーにつきまとわれていたジェーン・ミラーは、2014年にようやく苦悩から解放された。最初は良い友人だった男は、次第に彼女を苦しめ生活を脅かすようになった。ミラーと彼女の夫にとってはまさに悪夢のような日々だった。悲しみ、恥、恐怖、不安が入り混じった暗雲の中で彼女の人生はずたずたになり、ミラーは一日中ベッドの中で過ごしたいと思うようになった。ブラインドを開けず、カーテンを引き、一筋の日の光さえも自分の砦に入れないようにした。必要なとき以外は家から出ることもなくなった。ミラーの精神分析医は、彼女の状態を心的外傷後ストレス障害(PTSD)とうつ病だと診断した。彼女のセラピストは、人生を取り戻す助けになるように定期的なセラピーのほかに、12週間のマインドフルネス瞑想クラスを受けるように勧めた。心の平安のために何かしなければと思っていたミラーは、さっそく申し込み、期待を胸にクラスに参加した。

story by Jessica Downey
photos by Jeff Nelson
model by Al ison Litchfield
hair&make-up by Beth Walker
translation by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.60掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する