股関節の可動域アップで自然と歩くスピードが速くなる?座ってできる【簡単股関節トレーニング】

AdobeStock

股関節の可動域アップで自然と歩くスピードが速くなる?座ってできる【簡単股関節トレーニング】

健康診断の問診で、「あなたの歩く速度は、同世代の同性と比べて早い方ですか?」という質問を見たことはありませんか? 実はその質問の理由は、「早く歩けるかどうか」が、生活習慣病の発症リスクと繋がっているからだそうです。股関節をスムーズに動かせる状態だと、脚を前後に動かしやすくなるため、自然と歩くスピードも速くなります。それ以外にも、股関節の可動がスムーズであることは、さまざまなうれしい効果をもたらしてくれるのです。

近年自宅にいる時間が増え、久しぶりの通勤などで「何もないところでつまずきやすくなった」「以前よりも駅の階段が辛くなった」など、下半身の変化を感じていることはないでしょうか。その原因は運動不足だけでなく、股関節にもあるかもしれません。

股関節の動きが悪くなると、歩く際に使うお尻の筋肉(大殿筋:だいでんきん)や、太ももの裏側のハムストリングスの機能が落ちてしまい、脚の可動域が狭くなります。その結果、歩幅も小さくなります。さらには、股関節と密接している骨盤周りの筋肉も硬くなることから、下半身の血流が悪くなり、骨盤の歪みに繋がることもあるのです。

股関節はどこにある部分?

あらためて「股関節」はどこにあるかご存じでしょうか? 太ももの付け根、鼠径部(そけいぶ)の辺りと想像される人も多いかもしれません。しかし実際の股関節は、それよりもう少し外側にあり、太ももの骨の先端(大腿骨頭:だいたいこっとう)と呼ばれる丸い骨と、骨盤が接合する部分を指します。

股関節は、脚を前後に動かす動き、例えば歩くことや走ること、自転車に乗ることで、日々使われています。さらに脚を横に広げる開脚の動きにも活躍します。この動きは日常ではなかなか取り入れることが難しいので、ぜひヨガの動きで取り入れてみましょう!

座ったままできる股関節ヨガ

・椅子に座る際は、足先のみを床に付けるのではなく(写真左)、足裏がべったり床について安定するよう浅く座りましょう(写真右)。椅子から転倒しないよう、十分に留意しておこなってください。

・脚を上に引き上げる動きには、股関節だけでなく、お腹の深層腹筋群である腸腰筋(ちょうようきん)や、太ももの筋肉である大腿四頭筋(だいたいしとうきん)も使われるため、筋トレ効果も感じられます。

座り方の注意点
photo by Naoko Iwasaki

1、一息吐いてから息を吸い、片方の脚を持ち上げます。

2、息を吐きながら、下ろしましょう。これを2回繰り返します。

3、息を吸って脚を引き上げたら、そのまま横に広げていきます。

4、吐きながらそのまままっすぐ足裏を床に下ろしていきましょう。

片脚を上げて、横に広げます
photo by Naoko Iwasaki

5、息を吸いながらその場で脚を持ち上げます。

6、吐きながら脚を正面に戻して、足裏を床に下ろしましょう。

7、反対側も同様に繰り返します。

反対側も同様です
photo by Naoko Iwasaki

詳しい動画は下記からご覧いただけます

AUTHOR

岩﨑奈緒子

岩﨑奈緒子

11年間空間プロデュースを行う会社員として過ごし、自律神経失調症を経験。他の誰でもない自分を大切にすること、日常の選択は自らと向き合うことで変えられることをヨガから学ぶ。妊娠・産後とライフスタイルの変化に合わせてヨガを取り入れ、現在はフリーランスとして、慈しみの心「マイトリー」を大切にし、身体の巡りや睡眠、更年期に特化したヨガクラスを開催。RYT200/マタニティ・産後TT修了/更年期ナビゲーター

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

座り方の注意点
片脚を上げて、横に広げます
反対側も同様です
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する