マスク

Getty Images

呼吸が浅いと不調が続く?【たった10回やるだけで違う】マスク時代に習慣にすべき「簡単肘回し」とは

後藤江里
後藤江里
2022-07-21

暑さが厳しい季節です。マスクが汗で湿って、呼吸しづらくなっていませんか?呼吸数が多く、浅くなっている自分に気がついたら、胸まわりの10回ほぐし!胸が開いて深い呼吸を取り戻せますよ。

どんどん暑くなっているにも関わらず、まだまだマスクは手放せない。マスク生活を続けていると、呼吸が浅くなってストレスがかかり、夜も深く眠れない日が続いてしまいがち。
実は、脳は酸素不足になりやすい器官で、筋肉の20倍もの酸素を必要としています。深く眠るためには沢山の酸素を必要としますが、湿ったマスクをしたままの呼吸では、肺の一部にしか酸素が届いていない可能性があります。
マスクをしてのヨガや運動では、逆に疲れやストレスが溜まってしまうことも。また、冷房の効いた部屋で長時間マスク仕事をしている方も、どんどん身体が硬くなり、呼吸が浅くなっている可能性があります。

マスクでヨガ
Photo by Eri Goto

呼吸が浅いと、どうなるの?

背中・背骨周りが硬くなる

肩甲骨が動き辛い

脳が酸素不足になる

交感神経が優位になりイライラ

ストレスが溜まる 

という、負のスパイラルが起こりがちです。

胸を開くエクササイズで呼吸を深くとりこもう

そんな時は、背骨と肩甲骨、胸まわりの筋肉を動かして胸を開くようにすると効果的です!

1.指をそろえて、肩の上におきます

息を吸いながら、肘を寄せるように顔の前に持ってきます

胸まわりほぐし
Photo by Eri Goto

2.肘を高く上げて、そのまま肘を背中側に回し、円を描きます

胸ほぐし
Photo by Eri Goto

3.余裕があれば、背骨もいっしょに動かしましょう!

肘が前にきた時に、背中を丸くして両方の肩甲骨を離します

胸ほぐし
Photo by Eri Goto

4.肘が背中側にきた時には、胸を反らして、肩甲骨同士を寄せます

胸ほぐし
Photo by Eri Goto

 

気がついた時に10回!肘まわし

「ちょっとイライラしているなぁ」「ストレスが溜まっているかも」「なんだか呼吸がしづらくて」そんな時にも10回まわし!!呼吸が入りやすくなって、気分がスッキリしますよ。

AUTHOR

後藤江里

後藤江里

ヨガインストラクター・ヨガトレーナー。子育て中にひどいぎっくり腰とパニック障害を経験し「身体が辛いと心も辛い」ことを実感、39歳で心身を整える為にヨガを始め、その後指導者資格を取得。スタジオ対面、オンライン、パーソナル、出張ヨガでヨガを指導している。RYT-500、アナトミック骨盤ヨガ(R)、シニアヨガ、キッズヨガ等、資格多数。プライベートでは、18歳・16歳男子の母。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マスクでヨガ
胸まわりほぐし
胸ほぐし
胸ほぐし
胸ほぐし
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する