前かがみの姿勢は老け見えのもと!「姿勢を支える筋肉」を鍛える簡単ヨガ

Getty Images

前かがみの姿勢は老け見えのもと!「姿勢を支える筋肉」を鍛える簡単ヨガ

加齢とともに姿勢が悪くなるのは、背骨を支える筋肉が弱まってしまうから。とはいえ、いったいどこをどうやって鍛えたらいいのかわからないもの。整形外科ヨガを指導するヨガ講師・西川尚美先生に、姿勢を支えるための筋肉を鍛える方法を教えてもらいました。

背骨まわりの筋肉を鍛えて姿勢を支える「猫と牛のポーズ」

椎間板の柔軟性を高めながら、お腹の筋肉を鍛えてコルセットのように背骨を支えます。シニアに最もおすすめなポーズのひとつ。

HOW TO

両足を開いて曲げ、膝に手をおく。吐く息でおへそを覗き込むように背中を丸め、吸う息で胸の中心を上に&尾骨を壁に向けお尻をアップ。3~5回繰り返す。

整形外科ヨガ 猫と牛のポーズ 西川尚美
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

さらに高齢のシニアには…

猫と牛のポーズ 整形外科ヨガ 西川尚美
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

椅子の背に向かって座面に両手をつく。吐く息で下、吸う息で上を向いて繰り返す。

教えてくれたのは…西川尚美先生

整形外科ヨガ講師・陰ヨガ講師・介護予防運動指導士。2004年、米サンディエゴでヨガを始め、陰ヨガ講師に。整形外科ヨガを提唱する井上留美子先生とともに現場で指導を重ね、整形外科ヨガのアーサナを考案。

Photos by Shoko Matsuhashi
Edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.52掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

整形外科ヨガ 猫と牛のポーズ 西川尚美
猫と牛のポーズ 整形外科ヨガ 西川尚美
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する