【産後の体型戻しに】まずは腹式呼吸から!体の内側を鍛えて痩身「寝ながら呼吸法」

AdobeStock

【産後の体型戻しに】まずは腹式呼吸から!体の内側を鍛えて痩身「寝ながら呼吸法」

yun
yun
2022-03-03

産後すぐの身体でもできる、呼吸を使ったダイエット方法をお伝えします。

産後すぐの身体の状態とは

「出産」という大きな大きな役目を終えたママの身体。出産時だけでなく、妊娠中から身体は徐々に変化していき、妊娠前とは違った状態に。産後すぐの身体は「交通事故に遭ったのと同じくらい」なんて言葉もあるほど大きなダメージを受けています。

産後すぐはゆっくり身体を休めることがなにより大切です。が、緩んだ身体を早く元に戻したいと考えている方も多いのでは。

実は産後はとっても痩せやすい時期なのです。産後6ヵ月ごろまでは、骨盤が動きやすくなっていたり、妊娠出産を経た身体を元の状態に戻そうとする力が働いていると言われています。ただし、産後の身体ケアは順番がとても大切です。いきなり身体を動かしたり、トレーニングやストレッチに入ってしまうと、戻りが遅くなる原因となったり、身体に負担をかけてしまうことに繋がります。

産褥期

妊娠や分娩によって変化した身体が、妊娠前の状態に戻る期間のことを産褥期と呼びます。だいたい産後6~8週間ほどと言われています。

産後は特に骨盤周りの関節や靭帯が緩んでおり、ハンモックのように内臓を下から支えている骨盤底筋群と呼ばれる筋肉や、腹筋群など、主にインナーマッスルがダメージを受けています。
身体を休めることが第一優先であっても、この期間にケアを怠ってしまうと身体の戻りが遅くなってしまったり、尿もれや恥骨痛、子宮脱など日常生活に支障をきたす問題に繋がりやすくなります。

しかし逆に、適した方法でケアを行っていくことで、キレイな身体の戻りを促します。

産後の経過が順調で、医師の許可があれば産後1日目から行うことが可能なケアの方法についてお伝えします。帝王切開の場合は医師と相談のうえ、いつから始めるか決めてください)

骨盤底筋
イラストAC

腹式呼吸

まずは寝た状態で腹式呼吸をするところから始めます。腹式呼吸は弱くなったインナーマッスルを刺激するのにとても効果的な方法です。寝たまま行えるので産後すぐの方でも無理なくできますね。また、腹式呼吸は筋肉が活性化するだけでなく、自律神経を整える効果も期待でき、気持ちを落ち着かせてくれます。

そして余裕のあるかたは、内ももにクッションなどを挟みながら行ってみてください。内ももの筋肉を使うことによって、緩んでしまった骨盤底筋群への刺激となります。尿漏れなどを防ぐ効果も期待できます。

①両膝を立てて仰向け

1

②片手を背中の下に、もう片手はお腹の上に添える

2

 

3

③吸う息でお腹を膨らませ、吐く息でへこませる(できる方は鼻呼吸で行う)

8

 

9

④余裕があれば膝の間にブロックやクッションなどを挟みながら行うとより効果的

6
7

 

8

以上です。繰り返しにはなりますが、何よりも身体の状態を優先してください。少しでも無理があれば休むこと。体調がよいときに行うようにしてくださいね。

AUTHOR

yun

yun

元々、前屈は膝に届かず、運動は苦手。しかしヨガをするほど体は柔軟に。深めるほど心も柔軟になっていくことを実感◎固定概念に囚われていた自分とはサヨウナラ!考え方が180度変化し、自分のことが好きでいられるように。モットーは「ヨガのハードルを低くする。」柔らかなレッスンを心がけている。前職は幼稚園の先生。この経験を活かしベビーマッサージ講師も務める。ただの触れ合い遊びではない、体と心と脳の成長を促す、ベビーマッサージについての講座も開催している。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

骨盤底筋
1
2
3
8
9
6
7
8
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する